最終更新日時:2018年11月12日

クレジットカード現金化でVISAカードを利用する事は可能か?

クレジットカード現金化でVISAカードを利用する事は可能か?

 

クレジットカード現金化のサービスは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。
そんな中クレジットカードの種類によって現金化の換金率や業者の接客対応が変わるという事をご存知でしょうか?

 

今回はカードブランドの中でも加盟店の多いVISAカードの現金化についてご紹介させて頂こうと思います。

 

まずはこちらのカードの詳細からご紹介させて頂こうと思います。

 

 

VISAカードの詳細

VISAカードの詳細

 

VISAの世界的シェアは最も高いものとなっています。
数値は59.4%で大よそ半数以上の方がVISAカードを利用しているという事がわかります。

 

発行数は14億枚で世界トップのVISAカードですが、実際はこれ以上にも利用者が存在していると言われています。
いったい何を理由にVISAを利用しているのでしょうか?

 

VISAカードの優待特典

VISAカードの優待特典

 

VISAカードを持っている方は、VISAの優待特典を受ける事が可能になっています。
主な内容はポイントUPや施設などでの割り引きとなっています。

 

他にも特定の決済方法を利用した方の中から抽選でAmazonギフト券のプレゼントや神戸牛のすき焼き・しゃぶしゃぶ用のお肉をプレゼントなどのキャンペーンも行っているのです。

 

更に海外に行った際に特定の国の飲食店やホテルリゾートなどで料金が割引になるという特典までついているのも特徴の1つです。

 

詳しくはこちらのURLから詳細をご覧ください。
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/visa-offers-and-perks.html

 

VISAカードは現金化に向いているのか?

VISAカードは現金化に向いているのか?

 

以上のようにお得なキャンペーンや優遇対応を会員に対して行っているVISA。
問題はクレジットカード現金化を行う上で有利なのか不利なのか?というところなのではないでしょうか?

 

現金化業界におけるVISAの立ち位置を探ってみたいと思います。

 

VISAカードは現金化業者に優遇されている?

VISAカードは現金化業者に優遇されている?

 

クレジットカードと現金化の相性という物を聞いた事がある方もいるかも知れません。
この相性というのは現金化業者が好んで引き受けてくれるか?という点が大きく関わってきます。

 

では、業者の嫌うカードとはどのような物なのか?
一般的には

  • 決済手数料が高い
  • 現金化に厳しい
  • 支払いの滞っているクレジットカード

上記の3つが嫌われる、または嫌がられるカードブランドとなっています。

 

3番目は利用者側の問題なのでカードブランドは関係ありませんが、逆を返せばどのカードでも嫌われる状態であるという事なので十分に注意しましょう。

 

1番と2番についてですが、こちらは各カードブランドによって大きく変化する部分となっています。
特にこの2点について厳しいのはアメックスとJCBです。

 

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。
クレジットカードの種類でサービスの内容が異なる理由~JCB・AMEXはなぜ利用しにくい?~

 

VISAでの現金化は問題ない

VISAでの現金化は問題ない

 

そんな2社のブランドよりも利用しやすいブランドの1つがVISAカードです。
こちらのカードは別段、現金化に対して警戒しているカードブランドでもありません。

 

更に、決済手数料もアメックスやJCBよりも低いので業者側も嫌がる理由が無いのです。
その理由のひとつとして、決済手数料が高いと換金率に大きな影響が出てしまいます。

 

10の物を2人で分けた場合、5対5で分ける事が出来ますが、決済手数料を入れて計算した場合、半分づつとう訳にもきません。
仮に手数料を0.5人とした場合、10の物を2.5人で分ける事になります。

 

結果、4対4対1で分けなければいけませんね。

 

この手数料が高くなるということは、0.5が0.7や0.8になるという事です。

 

仮に計算した場合、0.8なら10の物を3人で分けるのと殆ど変わりありません。
この計算はわかりやすいように極端な例となっていますが、自分の取り分が減るということに変わりはありません

 

なので換金率に大きな動きが出てきてしまうのです。

 

優良の現金化業者を利用しなければ利用停止の可能性も?

優良の現金化業者を利用しなければ利用停止の可能性も?

 

つまり、決済手数料が比較的低いVISAは現金化に打って付けなのではないか?と思うかもしれませんが、少し違います。
利用する業者によって問題になる可能性あります。

 

その理由は、悪質業者の利用によってカード会社に現金化を行っている事がバレる可能性です。
現金化はカード会社の規約違反という事をご存知でしょうか?

 

通常業者はカード会社にバレないように決済を細かく切る事で、通常のショッピングにカモフラージュしています。

 

しかし、この作業は時間も手間も掛かると言われています。
決済さえ通れば業者の利益は確保する事が出来るので可能ならば早く終わらせたいと考えるのは当然ですよね。

 

利用停止になっても業者に被害が及ぶ訳ではありません。
その事から高額で決済を切った方が業者側のデメリットは無く、むしろ早く手続きが終わるというメリットしか無いということです。

 

以上の理由から優良の現金化業者を利用しなければ、いくら現金化に有利なカードを利用しても不利になってしまうという事になってしまうのです。

 

優良の現金化業者をご紹介

優良の現金化業者をご紹介

 

ならば当然、優良の現金化業者を利用した方がいいですよね?
その優良の現金化業者とはどのような業者なのでしょうか。

 

当サイトでは数々の業者を調査し優良か否かの判断を行っております。
詳しくはサイトTOPの優良現金化業者ランキングから業者の選定をおこなってください。