最終更新日時:2018年10月15日

ファストキャッシュは本当に優良の現金化業者なのか?

ファストキャッシュは本当に優良の現金化業者なのか?

 

現金化業者ファストキャッシュについての話題を聞いている方はどのぐらい居るのでしょうか?
今回はこちらの現金化業者について調査を行った評判のまとめをお伝えさせていただきたいと思っています。

 

会社名 ファストキャッシュ
代表者 小杉信二
創業日 平成15年3月
現金還元率 最高98%
現金化時間 最短3分
営業時間 8:00~20:00 メールは24時間受付中
土・日曜日

営業

住所

 

 

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化の方法には様々な方法が存在しています。
代表的なのが、商品買取方式キャッシュバック方式の2通りです。

 

キャッシュバック方式はその名の通り、キャッシュバックを利用した現金化方式になっているのです。
対して商品買取方式は、クレジットカードで購入した商品を買取専門の業者に買取ってもらうことで現金に換える事が出来る方法となっているのです。

 

解かりやすく説明すると以下のようになりますね。

キャッシュバック方式 商品買取方式

商品を購入した時点で現金を手にする事ができる。

商品を購入して売りに行く事で現金を手にする事ができる。

以上の事からキャッシュバック方式の業者は素早く現金を手にする事が出来るという事なのです。
ファストキャッシュの現金化方法はキャッシュバック方式である為、現金を手にするまでは充分にスピードのあると予想が出来ます。

 

現金化業界の平均入金スピード

現金化業界の平均入金スピード

 

では、現金化業界の平均的な入金スピードはどのくらいなのでしょうか?
ファストキャッシュは最短3分といわれていますが、実際にはどのぐらいの入金時間が必要になるのか?

 

まずはそちらの議題から解決していきましょう。

 

現金化業者の提示する入金までのに掛かる時間ですが、実は新規の利用者だと1時間以上掛かってしまう場合が在ります。
その理由は、業者側から求められる本人確認や身分証の確認の為にどうしても時間がかかってしまうので新規利用者だと時間が掛かってしまうという事なのです。

 

最高換金率も入金スピードと同様で適用されない?

最高換金率も入金スピードと同様で適用されない?

 

先程の入金スピードについて驚きを覚えた方も居るのではないでしょうか?
ではこの話の流れで換金率についてのお話もさせていただきましょう。

 

クレジットカード現金化を調査している間に換金率が変動する、という話を聞いた事はありませんか?

 

実はこの話は本当なのです。
厳密には変動するといっても、現金化業者が好き勝手に換金率を操作するのではなく必要な手数料や消費税によって換金率が大きく変動してくるのです。

 

例えば、現金化業者には必ず消費税が必要になってきます。
この消費税は国が定めた8%から動く事はありません。

 

消費税は購入者にかかってくるものなので、基本的には利用者が負担する事になります。

 

なので、適用された換金率から消費税の8%が引かれるようになります。
そうなると、最大換金率を適用された場合でも8%は必ず引かれるという事ですね。

 

さらにここから業者の純粋な手数料が必要になってきます。
残念ながら手数料は業者によって大きく変動するので、いまここで何%とお伝えすることは出来ません。

 

以上の事から業界の換金率は平均的に75%前後というように言われています。

 

結論から換金率は確実に下がってしまうという事なのです。

 

しかし、ファストキャッシュだけの問題ではなくこれは現金化業界全部の問題となっているのです。

 

ファストキャッシュの換金率と入金スピードは?

ファストキャッシュの換金率と入金スピードは?

 

換金率は変動するという事、入金スピードは新規利用者では遅くなってしまうという事を理解していただいたと思います。
では、ここからファストキャッシュの換金率と入金スピードがどのくらいの数値なのかを確認していく事にしましょう。

 

信憑性のある口コミや比較サイト、更には業者に電話して質問してみました。
以上の結果を統計して導き出した答えが以下のようになります。

換金率 67%~71%
入金スピード

(新規利用者の場合)

1時間10分前後
入金スピード

(リピーターの場合)

45分前後

以上がファストキャッシュの調査結果になります。

 

このように割り出すととても解かり易いですね。
現金化業界の平均換金率と入金スピードは75%前後と1時間前後とお伝えさせていただきました。

 

ファストキャッシュとこの平均値を照らし合わせていただくと解かるように平均の換金率は低い物であると解かります。
つまり、以上の事からファストキャッシュの換金率はそこまで高くはないという事ですね。

 

ファストキャッシュよりも優良と言われる現金化業者

ファストキャッシュよりも優良と言われる現金化業者

 

ファストキャッシュは現金化業者の中ではそこまで高い換金率ではないという事がわかります。
以上の事から、業者としての評判はあまりよろしくはないという結果に落ち着きました。

 

しかし、換金率が60%を割っていない部分では優良の業者と言えるでしょう。
中には50%の業者も存在しているとも言われるほど。

 

出来ればもっと換金率の高い業者を利用したい気持ちはあるのではないでしょうか?

 

そんな方にはこちらの、和光クレジットをご紹介させていただきます。
詳細はこちらからご覧ください。