どれくらいの率で換金されるのか?換金率は業者で違う!

MENU

クレジットカード現金化の決め手は換金率

実質的な換金率

クレジットカード現金化ユーザーにとって各現金化サイトにはそれぞれの特徴や違いがあり全てが同じ内容やクオリティというわけではありません。現金化サイト選びの基準としてもっともポピュラーで比較するのが容易なのが換金率還元率といったパーセンテージで表示される数字です。

クレジットカード現金化の換金率について

クレジットカード現金化サービスを行っているサイトのホームページには必ず換金率や還元率といった割合が表記されています。この換金率というのはクレジットカードで決済する金額に対しての現金化され振り込まれる割合のことを指します。現金化の方法によっては換金率以外には、

  • 還元率
  • 買取率
  • キャッシュバック率
  • 現金化率

といった表現を用いることもあります。

初めての現金化の方に換金率を解説

クレジットカード現金化の換金率は100%になることはなく、100%にもっとも近い割合が求められます。
ちなみに10万円の決済金額で換金率が85%なら85,000円が振り込まれるということになります。

換金率の甘い罠には注意

クレジットカード現金化サイトを比較する際に換金率というのは明確な数字で表示されているため簡単に見分けることができます。80%のサイトよりも85%の方が高く、85%よりも90%の方が高いというのは誰にでもわかることです。

 

現金化業者としても80%と表示するよりも90%の換金率と表示したほうが確実に申し込み件数は増えます。例え実際の換金率が70%だったとしても、ありのままを表記しては申し込みが入らないことは間違いありません。つまり実質的な換金率とは無関係の新規顧客獲得のための高い換金率を表記している現金化サイトは多数存在するということになります。

 

しかし現金化業者も「絶対に90%の換金率」という表現方法ではなく、「最高90%でキャッシュバック」というように最大値であった場合という言葉の逃げ道を作っています。そういった現金化業者で利用した場合、「サイトには90%と記載されていたのに実際は70%にしかならなかった」というクレームやトラブルに発展しかねないことになるのです。

 

この問題というのは現在のクレジットカード現金化業界では常習化されつつあります。大手のサイトや老舗業者にも関係なく新規申し込みは必要なものであり、それがなければ運営を続けることはできません。換金率を誇大表示することにより現金化業界は世間からクリーンなイメージとなる妨げとなっているのは間違いありません。

現金化サイトの換金率の真実

クレジットカード現金化サービスを業務としている業者というのは利益がなければ営業を続けていくことはできません。この利益の中から事務所の家賃や社員の給料が捻出され運営をすることができています。つまりクレジットカード現金化の換金率というのは現金化サイトが得る利益や経費と捉えるのが自然な考え方だと思います。

 

どんなビジネスでもその事業を運営するためには利益や経費が必要なのはごく当たり前のことなのです。

 

実質的な換金率の割合が10%だったり20%だったりするのは提供するサービスの質や付加価値によって左右される部分もあると思います。例えば24時間営業している現金化サイトの場合、その分人件費がかかるため通常営業のサイトよりも割高になるのはしかたがないことです。タクシーや病院でも深夜料金は割り増しとなるように、実質的には割高ですがその分24時間即日振込ができる利便性があるのです。

 

このようにクレジットカード現金化サイトは換金率の数字だけで選ぶのではなく、サービス内容や特性を考慮した上でのコストパフォーマンスで総合的に比較することが目の前の数字に惑わされない換金率の真実が見えてくるでしょう。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年09月04日

関連性のあるページ

【安心感】創業年数の長い老舗業者
クレジットカード現金化を安心して利用するためには創業年数の長い実績にある老舗業者を選ぶ方法もあります。なぜその方が良いのか?その理由は現金化業界の詐欺業者が大きく関係していました。
【利便性】現金化までの所要時間
クレジットカード現金化が利便性で優れている理由としてはごく短時間で利用できるという現金化されるまでに必要な時間があります。その時間は現金化を利用する人によって大きく変わってきます。それがどの様に変わってくるのかをまとめてみました。
【信憑性】会社概要の詳細
クレジットカード現金化は不透明なイメージがあるサービスですが、その理由として会社概要を曖昧に記載している業者が少なくないからです。情報が分からなければ、それが詐欺だったとしても気づかずに利用してしまう可能性もあるかもしれません。