信頼の秘訣はは会社概要!どのような会社は避けたほうがいいのか?

MENU

曖昧な内容となっている現金化の会社概要

会社概要の信憑性

新しい事業やビジネスを始めるときにはこれまで事務所や営業所を準備するのが常識でしたが、インターネットの時代となった現代では営業所を借りなくともWEB上にホームページさえあれば事業を開始することができます。

 

街中にある飲食店や商店はそのお店自体が顔となりますが、店舗のないインターネットのオンラインストアなどの顔はホームページなのです。

 

人間は第一印象でそのモノをある程度判断することがあり、雰囲気の良さそうなカフェに入ってみたくなったりするものです。インターネットサービスでも受け入れやすい印象のホームページもあれば、文字が小さくごちゃごちゃしたホームページもあります。

 

ホームページを見る人にとって外観的な部分で印象は決まりますが、内面的なものは会社概要に記載してあります。

会社概要の詳細

企業や会社のホームページには必ず会社概要のページがあり、

  • 会社名・屋号
  • 所在地
  • 代表者
  • 資本金
  • 設立
  • 事業内容
  • 従業員

などが記載されておりその名の通り会社のおおまかな概要が記されています。

 

この会社概要自体が会社のサービスには直接かかわるものではありません。人で例えますと名前や住所・生年月日が会社概要であり、その人の性格や長所には関係ありません。

 

そんな理由から会社概要のページを見る機会は少ないと思いますがクレジットカード現金化ではサイト選びに重要な点となります。

クレジットカード現金化の会社概要

クレジットカード現金化のホームページには換金率や手続きの流れのほかに会社概要や特定商取引法による表示のページがあります。会社概要は概要を示すものであり、必須項目は決められているものではありません。

 

一般的な企業の会社概要と比較すると現金化の内容は簡潔なものとなっていることが多く、

  • サイト名
  • 責任者
  • 所在地
  • サービス内容
  • URL
  • メールアドレス

程度の表記しかありません。

 

それでも内容がきちんとしていれば特に問題はありませんが、悪徳現金化業者の多くは内容を曖昧に記載しています。

 

なぜ悪徳業者が正確な内容を記載しないのかといいますと、何かトラブルがあったときに居場所を特定することができないようにするためです。この考え方は闇金融と同じだと思いますが、堂々と表に出ることができない業者ということです。

 

それを見抜くためには会社概要の所在地の部分に注目すれば簡単にわかります。大半の現金化サイトの所在地は東京都内となっていますが実際にその住所は関係ないことが多くあります。調べ方としては会社概要の所在地をgoogleで検索してみると番地の途中までしかなかったり、駐車場だったりすることもあります。

初めてポイント

クレジットカード現金化のサービス内容や換金率と会社概要は直接関係ありませんが、統計的に所在地の記載がなかったり曖昧な業者は横柄な対応や手数料が異常に高い傾向がありますので、初めてクレジットカード現金化される方は会社概要のチェックが必要です。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年11月09日

関連性のあるページ

【最重要】実質的な換金率・還元率
クレジットカード現金化というサービスでもっとも重要なポイントが、換金率や還元率と呼ばれる決済金額に対しての送金額の割合です。どれぐらいの換金率で取引されるのか?業者によって割合は違うのか?など疑問は様々です。その換金率についてご説明させていただきます。
【安心感】創業年数の長い老舗業者
クレジットカード現金化を安心して利用するためには創業年数の長い実績にある老舗業者を選ぶ方法もあります。なぜその方が良いのか?その理由は現金化業界の詐欺業者が大きく関係していました。
【利便性】現金化までの所要時間
クレジットカード現金化が利便性で優れている理由としてはごく短時間で利用できるという現金化されるまでに必要な時間があります。その時間は現金化を利用する人によって大きく変わってきます。それがどの様に変わってくるのかをまとめてみました。