クレジットカード現金化利用による利用停止のリスク

クレジットカード現金化

 

急な出費や金欠時に役立つクレジットカードの現金化。
私たちが普段利用している、現金化サービスは使い方を間違えると大変な事になってしまうことをしっていましたか?

 

どんな物にも取り扱い説明書は必要です。
しかし、現金化サービスには取扱説明書なんて物はありません。

 

そんな現金化サービスをよりよく利用するために。
また、正しく利用する為にクレジットカード現金化の利用停止について知っておく必要があります。

 

クレジットカード利用停止のリスクとは?

なぜ停止になるのか?

 

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化をする現金化サービスです。

 

このショッピング枠は個人により限度額が大きく変わってきます。
20万円の人もいれば、100万円の人もいます。

 

このショッピング枠を現金に変えるシステムが現金化サービスなのですが、カード会社はこの現金化方法をカードの利用規約で禁じています。

 

その為、クレジットカードの現金化を利用していると発覚した場合カード会社はクレジットカードの利用を停止させてきます。

 

これがクレジットカードの利用停止です。

 

クレジットカードが利用停止になると、カードで買い物をする事ができなくなってしまいます。

 

更に、カード会社がカード利用者に「支払い能力がない」と判断を下した場合クレジットカードの未払金を一括返済しなければなりません。

 

他社のクレジットカードの契約、他者のカードの利用が停止してしまう恐れが大きくなります。

 

更に、住宅ローンや自動車ローンを組むこともできなくなってしまいます。

 

世間から「この人はお金を返すことができない。」という認識を受けてしまいます。

 

そうならない為にも、クレジットカード現金化の方法はしっかりとした現金化方法を利用するのが、私たち利用者の1番の仕事になる訳です。

 

クレジットカードが利用停止になりやすい現金化方法

停止になりやすい理由

 

現金化には大きく分けて2種類の方法があります。

 

現金化業者を利用してクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法と、自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法があります。

 

自分で現金化する方法を利用するとほとんどの確率でクレジットカードの利用停止になります。

 

なぜ自分で現金化をするとクレジットカードの利用停止に繋がってしまうのか?

 

それは購入する商品に問題がありました。

 

カード利用停止になりやすい商品

利用停止になりやすい商品

 

以下の商品が自分でカードの現金化に利用されやすい商品でカードの利用停止に繋がりやすい商品になります。

 

  • 新幹線の回数券
  • 流行のゲーム機
  • デジタルカメラ
  • 最新のPC
  • ギフト券

 

新幹線の回数券は、自分でやる現金化方法では1番利用されている方法です。

 

1回で高額な現金化を利用することができる上に換金率が高いというのがこの新幹線の回数券、現金化方法が利用されている理由です。

 

しかし、この方法は前から利用され続けてきたためカード会社からのマークが強く常に警戒されている状態にあります。

 

カード会社は急な高額商品の購入、同名商品の連続購入を感知すると現金化を疑いクレジットカードの利用を停止させてしまうのです。

 

クレジットカードが利用停止になりやすい商品は以上のように高額の商品である事が多いのが理由です。

 

カード現金化で利用停止になる理由

なぜ停止になるのか?

 

クレジットカード現金化は、商品を購入して購入した商品を売買する事で成立する方法です。

 

この方法は現金化業者を利用しなくても行うことが可能なのですが、利用するとカードの利用停止に繋がってしまいます。

 

そこにはしっかりした理由があります。

 

実はクレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約で禁止されている利用方法なのです。
では、なぜクレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約で禁止されているのでしょうか?

 

先程クレジットカードには利用限度額がある、とお話させていただきましたがその利用限度額が個人で違うという事もご説明させていただきました。

 

この限度額は何を基準に設定されているのか、と言うとカード利用者の年収1/3が利用額の合計金額として定められます。

 

そうすることで、返済できない金額までカード会社に借入させないようにする為です。

 

そしてクレジットカードは日常生活の買い物を便利にする為に作られているもので、生活を支えるための物ではありません。

 

つまり、カードのショッピング枠を利用して現金化をするという事はそこまで生活がギリギリである、という証明になってしまうのです。

 

支払いをして貰えないのはカード会社としては大打撃になってしまいます。

 

つまりカード会社は、利用者が支払いをする事ができなくなる前に利用を停止させ未返済金を回収するという行動に移る訳です。
10万円ほどお金を貸している友人から再びお金を貸して、と言われても貸す気になれません。

 

カード会社からするとまっとうな理由でのクレジットカードの利用停止というわけです。

 

利用停止にならない現金化は現金化業者だけ

なぜ停止になるのか?

 

いくらカードの利用停止がまっとうな判断だとしても、私たち利用者からしたら困ってしまう話ですよね。

 

なので、できるだけカードの利用停止は避けたいものです。

 

しかし自分で現金化をする以上、利用停止にならないのは不可能な話です。

 

そこで利用するべきなのが現金化業者の現金化サービスという事です。

 

現金化業者は言ってしまえば現金化のプロでカードが利用停止にならないように現金化をする事が可能な業者なのです。

 

わからないことをわからないまま試して自分がやけどをするより、わかるプロに任せたほうが安心で安全といえるでしょう。

 

クレジットカード現金化は法律的に問題は無いのか?

 

クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約に違反している為、クレジットカードが利用停止になってしまうという事がよく解っていただけたかと思います。

 

しかし、クレジットカード会社の規約で違反になるということはもしかしたら法律にも違反した行為なのではないか?と心配になる方もいるかと思います。
そこでクレジットカード現金化の違法性について調査してみました。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

【クレジットカード現金化の違法性】利用しても大丈夫なのか?

今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日