最終更新日時:2018年11月12日

クレジットヒストリーとは?カードの信用にどの程度関係するのか?

クレジットヒストリーとは?カードの信用にどの程度関係するのか?

 

クレジットカードのブラックリストという言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

このブラックリストに入ってしまったらクレジットカードが利用停止になる、カードが使えなくなってしまう
というような、問題が起こるといわれています。

 

実はこのブラックリストになるならないに大きく影響しているのが、クレジットヒストリーなのです。

 

まずはクレジットヒストリーとはどういうことなのか?
現金化とどのような関係になるいのか?

 

という部分からご説明させていただきます。

 

 

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは?

 

クレジットヒストリーとは直訳すると「信用販売履歴」という意味になります。
単語ごとに分ければ「テレビのスポンサー名を始めに出すこと」「経歴」「病歴」などの意味があります。

 

しかし、クレジットヒストリーという単語はクレジットカードに付随する言葉なので信用販売履歴という意味合いで問題は無いでしょう。

 

これではまだ意味が理解できないというい方も多いかと思いますので更に解かりやすく調査を行っていきましょう。

 

クレジットカードは信用問題が大事

クレジットカードは信用問題が大事

 

当サイトでも言っていますが、カードを利用するにあたって一番重要なのはクレジットカード会社との信頼関係です。
誰でもカードを作れる・いくらでも利用できるという事がないように、人によって信用が違ってくるという部分が重要になってくるのです。

 

当然、支払いが遅れたり支払わずにカード会社の連絡に応じなければその分、カード会社からの信用は落ちてしまいます

 

この信用が落ちるという事を、クレジットヒストリーが悪くなるというのです。
つまり、「カード会社の信用」というクレジットヒストリーが悪くなる、という意味と捕らえて頂いていいでしょう。

 

クレジットヒストリーが悪くなるとどうなる?

クレジットヒストリーが悪くなるとどうなる?

 

クレジットヒストリーの意味はなんとなく理解して貰えたのではないでしょうか?
では次に、クレジットヒストリーが悪くなった場合に起こるリスクについてご説明させていただこうと思います。

 

先程説明をしたように、クレジットヒストリー(以下:クレヒス)が悪くなる1番の理由は料金の未払いによるものでしょう。

 

カード会社も目をつぶる事が出来ないほどの料金未払いを繰り返し、クレヒスが悪くなった場合どのようなことが起きるのでしょうか?

 

クレヒスが悪くなった場合リスク

クレヒスが悪くなるとカード会社の印象も悪くなります。
すると以下の様な現象が起こるといわれています。

  1. クレジットカードの継続契約が出来なくなる
  2. 新しいカードが作れなくなる
  3. ローンを組む事が出来なくなる
  4. 契約者の子供が未成年の場合と扶養者は、カードを作れなくなる可能性が上がる

というようなリスクが生じます。

 

信用が悪くなる、もしくは無くなるという事なので当然そのサービスを受ける事が難しくなってしまいます。
場合によっては家族や結婚相手にも影響が出てしまうという事がわかりますね。

 

影響が出るのは、ブラックリストになってしまった方の子供(未成年)とその扶養者です。

 

理由としては、ブラックリストの契約者の子供の場合、利用額を支払えなかった時に責任を負うのが親になります。
しかし、その親はブラックリストになっているので支払う事が出来ないかもしれません。

 

そうなると、法律的な処置を受けてカード会社が損をする場合があります。
それを避けるための処置なのでしょう。

 

扶養者に関しても同じ事が言えますね。

 

クレヒスが悪くなる理由とは?

クレヒスが悪くなる理由とは?

 

クレジットカードを利用する方は、そんなリスクを負わないように充分に気をつけなければいけません。
では、どのような行為でクレヒスは悪くなるのでしょうか?

 

その行為を詳しくまとめてみました。

  • クレジットカードの支払いが遅延する
  • クレジットカード支払いの遅延連絡を無視する
  • クレジットカード会社の規約に違反する
  • 3ヶ月以上の支払いを怠る
  • 利用者以外(保証会社など)が返済した場合
  • 自己破産、債務整理などの処置を受けた場合

など、以上のような処置を受けた場合にクレヒスが悪くなる傾向にあります。

 

更に赤い文字の行為については殆どの確率でブラックリストに入ってしまうので充分に注意しましょう。

 

クレヒスを回復させる事は可能?

クレヒスを回復させる事は可能?

 

クレヒスが悪くなった時の対処法はあるのでしょうか?
実は、対処法は存在しています。

 

クレヒスは回復させる事が可能となっています。
例えば、友人に現金を借りたという事に置き換えて考えてみましょう。

 

お金を借りるA君はいつも現金を返すのが約束の日よりも大幅に遅れてしまいます。
その様な状況が1年続きましたが、ある日を境にお金を借りても約束の日までには必ず返してくれるようになりました。

 

例えば、このような状況になった場合A君に対する感情はどうなるでしょうか?
今までの高感度は100あるうちのマイナス10や20ぐらいとして、マイナス5もしくは0にまで高感度は変わるのではないでしょうか?

 

このような高感度の変化のように、クレヒスも同様な現象が起こります。

 

新しくカードを作れるようになった際、もしくはクレジットカードの支払いが毎回遅れていた場合。
支払い期限をしっかりと守っていればカード会社の高感度も大きく変化してきます。

 

クレヒスは信用問題なので、上記のように期限を守り規約を守って利用していれば幾分かの信用も元に戻るのです。

 

これがクレヒスの回復と言われる方法です。
時間は長く掛かりますが、信用を取り戻すのですから倍以上の時間を有することは当然と言えるでしょう。

 

クレジットカード現金化はクレヒスに大きく影響する

クレジットカード現金化はクレヒスに大きく影響する

 

先程、クレヒスが悪くなる理由の項目でクレジットカードの規約違反もクレヒスが悪くなる原因とお伝えしました。
では、カードの規約違反に当たるクレジットカード現金化も当然、クレヒスに大きな悪影響をああ得るサービスですよね?

 

しかし、実際にクレジットカード現金化を行っている利用者は数多く存在しています。

 

なぜ、クレヒスが悪くなっていないのでしょうか?
その理由はカード会社に現金化を行っている事がバレていないからです。

 

バレなければ規約に違反してもいいのか?という気持ちの方も多いかもしれません。
そう思える方は利用しない事をオススメいたします。

 

しかし、そうも言っていられない状況の方も中にはいることでしょう。
では、その時クレジットカード会社は助けてくれるのでしょうか?

 

「いつまでに現金いくらが欲しいのですが」と言ったところでマニュアルどおりに当たり障りなく断られて終わりでしょう。
つまり、自分でどうにかしなければいけないような追い詰められた状況になっている方は何かしらの方法で資金調達を行わなければ行けません。

 

では、そのクレジットカード現金化をどうしても利用しなければいけないという方には、優良の現金化業者を利用する事をオススメいたします。

 

これは現金化を利用してもカード会社にバレない理由のひとつでもあります。
優良の現金化業者を利用する事により、カード会社に現金化という事がバレないように業者が決済を行ってくれるのです。

 

その為、安全に現金化を行う事ができるという事なのです。

 

もしも上記の話を聞いて優良の現金化業者を利用したいという方は、こちらのランキング形式にまとめた優良現金化業者の詳細を参考にご覧ください。