もっとも悪質な現金化の詐欺業者

送金されない詐欺業者

クレジットカード現金化には悪質な業者が潜んでいるとされていますが、その手口はさまざまです。
一般的によくある悪質業者ではホームページで表記している換金率と実際に送金される金額がまったく異なる手口ですが、確かに不可解な手数料を差し引くことは悪意があるとしかいえません。

 

しかし、商品をクレジット決済で購入するためには消費税や決済手数料は必ずかかってくるものなのでその説明の表記さえあれば悪意のある行為とはならないでしょう。

 

ではどのようなケースがもっとも悪質と言える手口なのかといいますと、クレジットカード現金化の流れは申し込みの後、本人確認をしクレジット決済にて商品の購入を確認してからの振込となります。
当たり前の話ですがクレジット決済が確認できなければ振込されることはありません。

 

しかし、クレジット決済の確認ができているにもかかわらず振込がおこなわれないのがもっとも悪質な手口なのです。

送金しない詐欺業者の手口

 

クレジットカード現金化の詐欺の手口は巧妙で、普通のクレジットカード現金化サイトと変わらない。

 

換金率もある程度高い水準で表記しており対応も決して悪い印象はない。
経験者が申し込んだ場合でも他の業者と比較すると高い換金率で利用することができるので、利用をしてみたところクレジット決済で商品を購入するところまでは同じなのですが、いつになっても振込の確認がとれません

 

心配なので何度も業者に確認をとるのですが、「確かに振込は完了しています」の一点張り。

 

しかし何度確認しても入金されていないので再度業者に確認すると銀行のシステムトラブルとのこと。
翌日になれば問題なく入金されるとのことなので、今日は諦めるしかありません。

 

そして、翌日になり確認したところまだ入金は確認できません。
まだ業者に連絡すると、対応は少しずつ横柄に変化しており「銀行のシステムトラブルなんだからしょうがない!」とあしらわれる始末。
それでも何度確認してもお金は入っていないまま、そんなやりとりを数日間繰り返し結局業者の電話は通じなくなってしまいました

 

残ったのはクレジット決済した返済のみ。

 

詐欺業者に騙されたのは間違いありませんが、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反になるため被害の報告もできず泣き寝入りするしかありません

 

詐欺業者対策

 

このような詐欺業者は普通の現金化サイトのように見えますが、ある共通の特徴があります。

  • 詐欺を繰り返すため長く営業を続けられない
  • 決済ラインは海外の端末
  • 比較サイトには掲載されていない

詐欺の現金化サイトは短期間で決済を集め、すぐにサイトや電話番号を閉鎖してしまいます。
ユーザーからすればサイトと電話番号しか業者と繋がる部分はないと思われがちですが、クレジット決済を行ったお店から業者の所在をたどることもできます

 

現金化は規約違反にはなりますが、それよりも詐欺は許しがたい行為です。
例え騙された場合でも詐欺業者の撲滅のためにカード会社にきちんと報告をし警察に被害届を提出することが最善の方法といえます。

 

以上の事からクレジットカード現金化業者は適当に決めるのでは無く、優良の現金化業者を探す必要性がわかっていただけたかと思います。

 

もしも、警察に届けを出した場合、クレジットカードの利用停止は免れません。
ではクレジットカードが利用停止になってしまったらどうなってしまうのでしょうか?

 

クレジットカードの未払い金を強制的に一括返済しなければならない、という事も聞いた事があります。

 

本当にその様な処置をされてしまうのでしょうか?
そこでクレジットカード利用停止について詳しく調査してみる事にしました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

クレジットカードが利用停止になってしまったらどうなるのか?


今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日