クレジットカード現金化が疑われたときの対策法

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化は審査なしで手軽に資金調達できる便利な方法といえます。

 

ところが、利用において最も注意すべきはカード会社から疑われることでしょう。

 

というのも、カード会社としてはショッピング枠の現金化を利用規約で禁止しており、年々取締が厳しくなっているのも現実です。

 

万が一利用した際に「カード会社にバレた!」なんてことになったら最悪の場合カードの利用停止を食らうことも・・・。

 

ただ、実は疑われやすい原因や対処法さえ知っておけば怖いものではないのです!

 

ここではクレジットカード現金化が疑われないよう、そして疑われたときの対策について詳しく解説していきます

 

クレジットカード現金化が疑われる理由は2つ!予防術を紹介

クレジットカード現金化が疑われる前の予防法

 

まず、そもそもカード会社が現金化を疑うのか。

 

疑われたとするなら主に次の原因が当てはまります。

 

  • お金がない思われている
  • 不自然な購入をした

お金がない思われると現金化を疑われる

まず、カード会社から現金化を疑われるのが『お金に余裕がない人』と思われることです。

 

具体的にいうと、キャッシング枠を使い切っている状態。

 

つまり、利用を管理しているカード会社の立場からすると「キャッシング枠を使い切っている状態=お金に困っている」と思うのは当然のことですよね。

 

こうした状況の中で換金性の高い商品を購入すると高確率で疑われてしまいます。

 

ハジメ.1
ハジメ

 

現金化の前には少しでも返済してキャッシング枠を残して疑われるリスクを減らしてこう!

不自然な利用も現金化を疑われる

次に挙げられるのが現金化を疑われる不自然な利用。

 

前述のように「換金性の高い商品の購入」「同じ商品の複数購入」は現金化を疑われる不自然な行為に当たるから注意する必要があります。

 

中でも、新幹線の回数券はカード会社から厳しくマークされるので避けたほうがいいでしょう。

 

クレジットカード現金化がバレたら利用停止になる

クレジットカード現金化がバレたときのペナルティー

 

カード所有者が会員規約違反を犯し、その行為がカード発行会社に発覚した場合にはどのようになってしまうのでしょうか?

当然ながら度合いや頻度により罰則を受けることになるでしょう。

 

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為ですので、もしもそれが発覚した場合、利用停止や解約されてしまうことがあります。また、解約される際は、これまで利用した分のお金の一括返済を求められる可能性もあります。

 

そうなると、現金化のための利用分だけでなく、通常の買い物やキャッシングでの利用分も一気に返さなくてはいけなくなります。利用額が大きければ大きいほど、日常生活すら困難な状況に陥ってしまうことは想像に難くありません。

 

引用元:クレジットカードの現金化は違法?
考えられるリスクについて

 

クレジットカード会社や関係省庁はこの危険性を強調し、利用者に対しクレジットカード現金化業者を排除するために利用を控えるように勧告していました。

 

しかしこれはあくまでもカード発行会社と利用者との約束であり、法律ではないという点があるのです。

 

クレジットカード現金化が疑われたときの対処法

クレジットカード現金化がバレない3つの方法

 

では、実際にカード会社から疑われた際には次のような対処法を用意しておくといいでしょう。

 

  • 購入については正直に伝える
  • 購入した商品の詳細を把握しておく
  • 現金化のワードは伏せておく

 

購入については正直に伝える

まず、はじめにカード会社から利用について尋ねられるとしたら主に以下の2パターン。

 

  • 商品を購入したか
  • カードを紛失or盗難にあったか

 

この際にはバレるのを恐れずに正直に「利用した。」と伝えましょう。

 

利用していないと答えた場合、盗難・紛失による悪用が疑われて結果としてカードが利用停止になってしまうので注意してくださいね。

購入した商品の詳細を把握しておく

次に、カード会社から購入した商品について聞かれた際には「いつ」「どこで」購入したのかを説明する必要があります。

 

また、現金化目的と知られないためにも「購入した意図を明らかにしておく」といいでしょう。

現金化のワードは伏せておく

カード会社から連絡があったとしても「=現金化が疑われた」とは限りません。

 

カード会社から現金化について聞かれた場合を除いて、自ら「現金化目的ではない!」と言ってしまうと不審がられる可能性もあるので注意が必要です。

 

あくまでも聞かれたことに対して丁寧に答える姿勢を心がけるのが大切といえます。

 

ハジメ.1
ハジメ

 

購入目的までは把握されていません!

疑われないためにも事前の準備が大切ですね!


【結論】クレジットカード現金化を疑われても回避できる

クレジットカード現金化が疑われたときの対処法まとめ

 

いかがでしたか?

 

クレカ現金化においてカード会社からのペナルティは危険性はなんとしても避けなければなりません。

 

ただ、準備を万全にしておけば安心ですし、実際に疑われたとしても対処法はあるので問題はないでしょう。

 

また、優良店にはこうしたカードトラブルへの知識を備えたプロのスタッフが在籍しているので安全性はかなり高いといえます。

 

現金化を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

\トラブル0の優良店を紹介!/

クレジットカード現金化に対する専門家の見解

 

会員規約違反や法律違反というのはあくまでもネガティブな考え方です。

 

逆にクレジットカード現金化をポジティブに考えると、クレジットカード現金化を活用すると

  • クレジットカード会社

    ⇒クレジットカードが利用され利益を生みきちんと返済も行われる。

  • 現金化業者

    ⇒利用されるほど利益が上がる

  • 現金化ユーザー

    ⇒ショッピング枠を現金化することができ返済もできる

 

このように全てがうまく回るビジネスモデルとなり誰も損することはないのです。

 

当然ながら現金化ユーザーはクレジットカード現金化を利用するわけですから多少なりとも換金手数料を引かれるのは違法なことでも何でもありません。

 

これがクレジットカード現金化が現在でも廃れることなく活躍できる理由なのかも知れません。

 

しかし現金化業者の中には悪質なまでに高額の手数料を取る現金化業者も存在しています。

 

その手数料の問題について詳しく説明してる記事がありますのでご確認ください。

 

悪質な現金化業者の手数料に関してはこちらへ

クレジットカード現金化業者絞り込み検索リセット