クレジットカード現金化による個人情報漏洩の可能とその被害について徹底説明

MENU

クレジットカード現金化に必要な個人情報

個人情報漏洩の可能性

今からちょうど10年前の2005年に個人情報保護法が制定されました。この法律は5,000件以上の個人情報を個人情報データベース等として所持し事業に用いている事業者は個人情報取扱事業者ということになり規制や罰則などが設けられました。

 

個人情報というのはその個人の詳細な情報であり、

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

のほかにも家族構成や写真、収入などといったその個人に関する全ての情報のことを指します。

現金化する際に必要となる個人情報

クレジットカード現金化を利用する際には身分証明書による本人確認の手続きが必要となります。一般的な自動車運転免許証などの公的な身分証明書に記載されている個人情報は、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 本人の画像

といった基本的なものだけとなっています。
現金化の本人確認の手続きはこの情報を基に

  • クレジットカード情報
  • 銀行口座
  • 現在の本人の写真

と照合し、クレジットカード名義本人による利用ということを確認の上、取引を行います。


悪徳現金化業者による個人情報の売買

悪徳現金化業者による個人情報漏洩

個人情報というのはどんな企業でも顧客情報などで厳重に管理されているものです。しかしながら企業というのは多くの人間が関わっており、悪意のある人間が顧客情報を漏洩したり、不審なメールから企業のパソコンをハックする人間もいます。そしてその顧客情報が漏洩してしまった場合、数万人という膨大な個人情報が拡散することになり大きな問題となってしまいます。

 

年金の個人情報漏洩や大手通信教育会社の顧客情報の売買のニュースはまだ記憶にも新しいと思います。この漏洩した個人情報の行方というのはそれを取り扱う裏社会の名簿業者というのが存在し、売買するマーケットがあるのです。

 

この名簿業者というのは様々なルートから個人情報を仕入れ、その情報を必要する詐欺業者や金融業者などに販売することを業務としています。

クレジットカード現金化での個人情報漏洩

クレジットカード現金化で必要とする個人情報が漏洩し詐欺業者の手に渡ってしまった場合の危険性というのは、

  • クレジットカードの不正使用
  • 携帯電話の不正取得
  • 銀行口座からの不正送金

といった直接的な犯罪の被害者になるケースや犯罪の加害者に巻き込まれる可能性といのもあります。

 

クレジットカード現金化を利用するためには銀口座や身分証明書を確認できなければ利用することはできません。しかし一般的な現金化業者というのは顧客情報を厳重に管理しています。その理由は現金化業者にとって顧客というのはもっとも大事な存在なので、その情報を他に漏らすことはありません。

 

現金化サイトのなかには利用者の個人情報だけを奪う架空の現金化サイトというのもあります。見た目は普通のクレジットカード現金化のホームページなのですが、申し込みフォームが他のサイトに比べ多くの情報が必要な場合があります。

 

そういった現金化業者に申し込んだ場合、連絡が取れなかったり何らかの理由をつけ利用を断られます。このような悪徳業者の目的というのはお金が必要な人や債務者といった欲求がある方の個人情報を集めているのです。このようなケースにひっかかってしまうと金融関係の勧誘電話やダイレクトメールが多くなるという例があります。

 

このような悪徳業者の被害に遭わないためには慎重な現金化サイト選びが重要となります。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年07月14日

関連性のあるページ

【警告】会員規約違反による利用停止
クレジットカード現金化サービスはクレジットカード発行会社の会員規約に違反する行為であり利用停止になる可能性があります。どのような行為が利用の停止になってしまうのでしょうか?
【危険】法外な手数料を取る悪質業者
クレジットカード現金化を業務とする現金化業者のなかには悪徳業者もおり法外な手数料を取られる危険もあります。どのような手法で手数料を取られてしまうのかをお答え致します。
【詐欺】決済後に送金されない
クレジットカード現金化業者のなかには詐欺も潜んでおりクレジット決済で商品を購入したにもかかわらず送金されないケースもあります。自分は大丈夫と思っている人ほど足元をすくわれるもの。詐欺業者の手口についてまとめてみました。