5分で出来るその場で電子マネーを現金化出来る方法とは?

5分で出来るその場で電子マネーを現金化出来る方法とは?

 

『電子マネーが現金として取り出すことができればいいのになぁ』と思ったことはありませんか?

 

最近では電子マネーが利用できるところが多くなってきているので便利ではあるんですが、どうしても現金が欲しい時ってありますよね。

 

そんなとき持っている電子マネーにお金が1万円とか入っていたらもどかし過ぎて爆発してしまいそうになります。

 

でもそんなもどかしさを解消する驚きの方法があるのを皆さん知っていましたか?

 

その方法は電子マネーの現金化です。

 

そう、現金として取り出したいと思っている電子マネーの中身を取り出すことができちゃうんですよ!

 

はじめ1
ハジメ

 

今回は、そんな電子マネーの中身を現金化する方法をこのサイトの管理人であるハジメが紹介しましょう。

 

 

電子マネーを現金化する方法と手順

電子マネーを現金に換える方法と手順

 

電子マネーを現金化する方法はクレジットカード現金化専門業者などに頼むという方法もありますが、種類によっては自分でできる簡単な方法だったりする場合もあります。

 

私が調査した結果、業者に頼むよりももっとお得な方法の現金化が存在しているということに気がつきました!

 

分類すると自分で行う現金化ですね。

 

はじめ2
ハジメ

 

まずは電子マネー現金化の中でも比較的に利用しやすい方法について説明いたします!


 

電子マネーをその場で現金に換える方法

 

この電子マネーの現金化を行うにはコンビニを利用する必要があります。

 

はじめ3
ハジメ

 

利用可能な電子マネーは以下の通りです!

 

交通系電子マネー系
楽天Edy
nanaco(ナナコ)


 

この方法で現金化を利用するコンビニはタバコが売っているコンビニを選ぶとスムーズに現金化を行うことができますよ!
では、まず現金化の手順をご説明させていただきます。

 

電子マネーの現金化方法
  1. コンビニへ行き現金化したい金額分商品を購入する
  2. 購入した商品の返品を申し出る
  3. 電子マネーに返金は出来ないので、現金として返金される

 

方法としては以上になります。

 

はじめ1
ハジメ

 

ポイントとしては、購入金額を高くする為にはタバコのカートンを購入するのが一番です!



タバコ以外の商品で買い物をしようと考えると、相当な量の商品を購入する羽目になってしまいます。

 

1カートンで5000円以上の買物が出来るので現金で1万円欲しい方は、2カートン購入してあげれば1万円は確保することができます。

 

購入したらあとは購入する商品を間違えたとか言って返品処理をしてもらえば完璧ですね。

 

『返品』という方法なので返ってくるのは購入した金額分すべてが現金で返ってきます。

 

こちら記事でもご紹介しておりますので参考程度にご覧ください。

 

 

コンビニでの利用以外では返金できないのか?

コンビニでの利用以外では返金できないのか?

 

現金化方法で『コンビニでの返金』を選んだのにはしっかりとした理由があります。

 

最近では電気屋などでも電子マネーで買い物をする事が出来ますが、どうやら商品の購入額がチャージ限度額よりも大きくなったり、店舗によっては後日返金という形を取られてしまう場合があるようです。

 

コンビニでは基本的に店頭に並んでいる商品は、破損などしていなければ基本的には返品可能となっています。

 

他の店舗では場合によっては返品を受け付けていない商品もあるので現金化を利用する場合は充分注意が必要です。

 

以上の結果から、コンビニ以外で行うのはできないリスクを負う場合があるという懸念材料があります。

 

緊急事態の場合は確実に返品の行えるコンビニでの現金化をオススメいたします。

 

現金に換えるのが難しい電子マネーの現金化方法

現金に換えるのが難しい電子マネーの現金化方法

 

では、次に現金化を終えるまでにひと手間もふた手間も必要な現金化の方法をご紹介いたします。

 

その方法は以下の3つの現金化方法になっております。

 

  • iD
  • QUICPay(クイックペイ)
  • WebMoney(ウェブマネー)

 

皆さんも使っていたり使ったことのあるサービスだったりするのではないでしょうか?

 

では、この電子マネーも先程のように返金で現金化をする事ができるのか。

 

はじめ6
ハジメ

 

できますが、凄く面倒です!


 

  • どうしたら返品による返金ができるのか?
  • そもそも本当に返品することで返金をして貰えるのか?
  • というか現金化できるのか?

 

そんな疑問を電子マネー1個1個を元に説明してご紹介させていただきます。

 

iDを現金に換える方法

iDを現金に換える方法

iDを現金に換える1番確実な方法は、プレイステーションストアチケットを購入して売却する方法です。

 

amazonギフト券も購入の購入自体はできるのですが、チャージタイプというアカウントに直接チャージするタイプしか購入することができません。

 

なので、友人のアカウントにチャージタイプのギフト券を購入してあげてその分の現金を貰ってもいいかもしれませんね。

 

調べてみたらユニクロで商品を購入して、別の店舗に行って返品すれば100%現金で返って来るそうなんです。

 

でも・・・そんなすぐに行き来きできるような距離にユニクロが2店舗もあるもんでしょうか?

 

コンビニじゃあるまいし。

 

なので、労力と手間を考えたらプレイステーションストアチケットを購入した売却の方が一番有力な方法だと思います。

 

 

QUICPay(クイックペイ)を現金に換える方法

QUICPay(クイックペイ)を現金に換える方法

QUICPay(クイックペイ)もiDと同様に、ユニクロの別店舗での返金なら受け付けているようです。

 

でも、近くにユニクロが2店舗ある状況は・・・以下略です。

 

amazonギフト券を利用した現金化の方法もiDと同様で、チャージタイプしか利用できません。

 

というか、電子マネーでの支払いはチャージタイプにしか使えなくなっているようでした。

 

今すぐ欲しいなら、ユニクロの返金方法を利用した方がいいかもしれませんね。

 

どうしてもQUICPayを利用して現金化するにはiPhone7以降の本体があれば可能になるかもしれません。

 

しかし、相当な手間と労力が必要なようです。

 

 

WebMoney(ウェブマネー)を現金に換える方法

WebMoney(ウェブマネー)を現金に換える方法

WebMoney(ウェブマネー)を現金に換える方法についてはiDよりは簡単となっています。

 

WebMoneyはamazonギフト券を購入することができるので、amazonギフト券を購入して買取ってもらい即日で現金に換えることが可能です。

 

欠点をあげるとすれば、1度プリペイドカードにWebMoneyをチャージしなければamazonギフト券の購入ができない部分ですかね。

 

しかし、手元にあっても使い道がない状態なら現金に換えちゃった方が利用方法としては効果的ではないですか?

 

 

電子マネーの現金化は制約が多い

電子マネーの現金化は制約が多い

 

様々な電子マネーの現金化についてご紹介しましたが、改めて思うのは電子マネーを利用した現金化には定められた制約と制限が多いように感じますね。
強力な念能力のようです。

 

まずは

  1. チャージの限度額
  2. 現金化までに負う精神的ストレス
  3. トラブルが起こる場合がある

 

チャージ額は電子マネーの媒体によって大きく変化しますが、良くても3万円ほどしかチャージを行えません。

 

つまり、現金4万円欲しい場合は3万円の現金化を行ってから1万円の現金化を行う必要があるということになるんです。

 

はじめ
ハジメ

 

iDとかQUICPayなら2回もユニクロで商品を購入して返品しなきゃいけないという面倒くささ・・・!


 

そして一番早く現金を手に入れる事ができる現金化方法は返金ですが・・・何回返金すればいいんだって話ですよ。

 

精神的なストレスは店員さんもそうですが、返品を行う側も相当なストレスになるんです。

 

はじめ6
ハジメ

 

1日限界3店舗ですよ。

これ以上は心がもたなくなります。


 

そしてこの電子マネーの現金化は裏ワザです。
正規のルートではなく抜け道のような方法なんです。

 

だから対応してくれるコンビニの店員さんも本当に『タバコを購入しに来た』と思っているので、いきなり返品を申出られると混乱します。

 

更に新人の店員さんだった場合、返品の仕方がわからず長蛇の列の最前列で「あーでもないこーでもない」の当事者になる可能性がとても高いんです。

 

場合によっては返品を受け入れてもらえない可能性も0ではありません。

 

利用する際にはコンビニの選別はしっかり行うようにしましょう。

 

電子マネー現金化よりクレジットカード現金化

電子マネー現金化とクレジットカード現金化を状況によって使い分ける

 

電子マネーの利点としては手軽・自分でできる・換金率100%も存在するという部分でしょう。

 

換金率100%はとても魅力的に見えますが、1回で現金化できる金額は最大2万円までしかありません。

 

はじめ4
ハジメ

 

それ以上の額の現金化を行う場合には、クレジットカード現金化の方がより適した状況だと思います!


 

つまりはそういう事なんですよね。

 

確実に資金を調達できるサービスを利用できるのであればその方が良いに決まっているんです。

 

それが、電子マネー現金化の元祖とも言われるクレジットカード現金化です。
このクレジットカード現金化は電子マネーの現金化のように自分で返品したりする必要はありません。

 

業者を探したりする行為は必要ですが、利用する業者を決めてしまえばあとは業者に任せることができます。

 

クレジットカード現金化は、電子マネー現金化よりも優れていることがわかります。

 

電子マネーの現金化を理ようし続けるのもいいですが、まずはクレジットカード現金化というのがどのような物なのかを知ってからでも遅くはないんじゃないでしょうか!