少額からでも大丈夫?クレジットカード現金化を利用した金欠乗り切り手段

少額からでも大丈夫?クレジットカード現金化を利用した金欠乗り切り手段

 

「現金が無い。」という悩みや状況にぶち当たる方多いのでは無いでしょうか?
現在では、このような悩みを抱えている方も多くいると聞いています。

 

しかし中には、一時的な金欠という状況の方もいる事でしょう。
そんな一時的に少額が欲しい時、お金が無い時の乗り切り方を調査してみました。

 

参考にご覧ください。

資金調達の早見表

資金調達の早見表

 

資金調達を行う方法は必要な金額に応じて変わってくる事かと思います。

 

では、その方法と金額とはどの様なものでしょうか?
まずは私がオリジナルで作り上げた資金調達早見表を参考にしていただければと思います。

 

必要な金額 資金調達方法
1万~5万円
  1. 家族・友人・知人に借りる

  2. クレジットカードショッピング枠の現金化

  3. 身近なブランド品ゲーム機を売る

5万~10万円
  1. クレジットカードショッピング枠の現金化

  2. 銀行のカードローン

  3. 消費者金融

10万~20万円
  1. クレジットカードショッピング枠の現金化

  2. 銀行のカードローン

  3. 消費者金融

20万~50万円
  1. 銀行のカードローン

  2. 消費者金融

  3. クレジットカードショッピング枠の現金化

50万~100万円
  1. 銀行のカードローン

  2. 消費者金融

  3. クレジットカードショッピング枠の現金化

100万円以上
  1. 銀行のカードローン
  2. 消費者金融

 

こちらの早見表は、必要な金額に適した資金調達方法だと判断した方法を提示してみました。

 

では次に利用方法別の資金調達は早見表をごらんください。

 

資金調達別の利用限度額早見表

資金調達方法 適正利用金額 特徴
日払いの派遣・バイト 5千~1万 その日の内に現金を手にする事が出来る全うな方法と言えます。

金額は時間・職種に比例しますが、1日に1万以上の派遣やバイトはとても特殊な物になるので滅多にありません。

家族・友人・知人に借りる 1万~5万 身近な友人、または家族に現金を借りるという行為は恥ずかしいかもしれません。

しかし、『お金を借りる』という行為の中では一番有力かつ安全でお得意な方法です。

身近なブランド品ゲーム機を売る 1万~10万以下 自身の持っている商品を売る事になります。

この方法の利点は自分一人で行う事が可能という事です。

クレジットカードショッピング枠の現金化 1万円~100万前後 クレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法です。

多少の手数料が掛かりますが、現金を即日で口座に振り込んでくれるので調達速度については問題ありません。

銀行のカードローン 30万~100万以上 一般的に思い浮かぶ資金調達方法かと思います。

こちらを利用されている方も多いのではないでしょうか?

消費者金融 50万~100万以上 こちらも有名な資金調達方法となっております。

世間ではあまり良い印象が無いので利用している事を隠している方も多い資金調達方法と言えるでしょう。

 

以上が資金調達別の利用限度額早見表です。
もう少し噛み砕いて、それぞれの調達方法を確認して見ましょう。

 

身近なブランド品ゲーム機を売る・派遣、バイトをする

資金調達に

  • 業者を利用したくない
  • 誰にもバレたくない

という時に利用される事が多い資金調達方法となっています。
売買する商品や、職種で手に入れられる金額は大きく変わって来る事がネックと言えるでしょう。

 

急ぎの用事がある際にはあまり有力な方法とは言えません。

クレジットカードショッピング枠の現金化

こちらの資金調達方法はクレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法です。
手段としては、専門の業者に頼むという方法が一番確実な現金化方法と言われています。

 

審査が必要ないというのも特徴の1つですね。

 

調達できる金額はクレジットカードの利用限度額に大きく左右されます。
100万円以上利用できる方もいますが、20万円までの方もいるという状況になります。

銀行のカードローン

大きな額の資金を調達する有力な方法の1つと言えるでしょう。
しかし、銀行の審査は厳しくそれなりに安定した収入が無ければ利用する事は出来ません。

 

更に、年収に比例して借り入れできる金額も変わってきますので手続きをしにいっても利用できない危険性があります。

消費者金融

町やCMでよく目にする資金調達方法ですね。
いつでもどこでもすぐに引き出す事が可能ですが、銀行のカードローン同様に審査が厳しく職場への在籍確認や融資を受ける事が出来ない場合もありますのでご注意ください。

 

クレジットカード現金化を利用した方がいい

クレジットカード現金化を利用した方がいい

 

結論的にはクレジットカード現金化業者を利用した方いいと私は思います。

 

当然、ショッピング枠に大きく左右されるので利用限度額が20万円で50万円借り入れしたい。となった場合、闇金を利用しなければ不可能です。

 

理由は総量規制という決まりがあり、借り入れ総額が個人の年収の1/3に定めなければならない決まりがあるのです。
当然クレジットカードの利用限度額も総量規制にのっとり限度額を定めています。

 

つまり、クレジットカード現金化で調達できない額は消費者金融でもカードローンでも借りれする事が出来ないという事になるのです。

 

審査や面倒な手続きの無いクレジットカードの現金化を利用していれば時間もお金も無駄なく利用する事が出来るのではないでしょうか?

 

そんなクレジットカード現金化サービスとはどのようなサービスなのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。
詳しい手順などはこちらでご紹介させて頂いておりますのでこちらを参考にどうぞ。

 

クレジットカード現金化サービスとはどのようなサービスなのか?

今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日