現金化とは実際のところどのようなサービスなのか?

現金化とは実際のところどのようなサービスなのか?

 

現金化というサービスは実際のところどのようなサービスなのでしょうか?
このサービスは『現金化』という単語にだけ視点を合わせれば、所持品や購入した物を売ったりして現金に変える事を指しています。

 

そしてこの現金化という言葉に付随しているのが『クレジットカード現金化』という訳なのです。

 

ネットなどでも見かける現金化という言葉の意味はこの『クレジットカードのショッピング枠を現金化する』という意味になります。
では、この行為は問題がないのでしょうか?

 

まずはサービスを専門的に行っている業者について調査を行ってみました。

 

 

クレジットカード現金化業者は過去に逮捕されている

クレジットカード現金化業者は過去に逮捕されている

 

現金化業者が逮捕されたのは2014年10月
商品の買い戻し方式によるクレジットカード現金化業者となります。

 

何故この業者は逮捕されてしまったのでしょうか?
調査を行った結果、クレジットカード現金化というサービスが問題ではないという事はわかりました。

 

問題は業者側の問題だったようです。

 

問題のサービス提供の仕方

問題のサービス提供の仕方

 

業者のサービスは本来、商品を購入して貰った上で現金を提供するものでしたが逮捕された業者は商品を利用者に提供していなかったようです。
商品を提供していなければ、現金だけを業者に提供しているだけになってしまうので金貸しのサービスになってしまいます。

 

そうなると、資格のない現金化業者は法律に違反してしまいます。
そうして捕まってしまった。という訳なのです。

 

こちらの記事で詳しくお教えさせていただいておりますのでご覧ください。
※クレジットカード現金化で逮捕※~利用するのは危険なのか?!~

 

クレジットカード現金化というサービスの認識

クレジットカード現金化というサービスの認識

 

実際に現在でも多くのクレジットカード現金化サイトがインターネット上に乱立しています。
しかし、特に悪意のある行為をしない限りクレジットカード現金化は一つの金融ビジネスとして定着していきつつあります。

 

数年前にはさまざまなメディアで大きく取り上げられていたショッピング枠現金化商法ですが、残念ながら現在でもマイナスなイメージに変化はありません。
しかし、クレジットカードを活用した資金調達方法として黙認されつつあるのかも知れません。

 

新しい形のクレジットカード現金化

新しい形のクレジットカード現金化

 

世間一般的にクレジットカード現金化といえば国民生活センタークレジット協会が危険性を促しているヤミ金融に類似したサービスのように捉えられています。

 

これはあくまでも現金化業者を介した方法に向けられており自分自身で行うクレジットカード現金化については関係のない話です。

 

個人によるクレジットカード現金化では商品の買取りによる方法が主体となっています。
つまり金券ショップやリサイクルショップも一種の現金化業者ということになります。

 

近年、新しいクレジットカード現金化の方法として注目されているのがアマゾンギフト券買取による方法です。

 

アマゾンギフト券の買取は業務内容やイメージとしてはインターネットで営業している金券買取ショップなのですが実際にはクレジットカードでアマゾンギフト券を購入し換金する新しい現金化の手段として急速に市場を広げています。

 

法律的にも問題のないアマゾンギフト券によるクレジットカード現金化が主体となり、これまでのキャッシュバックや新幹線の回数券での現金化方法は衰退いくでしょう。

 

詳しくはこちらの記事をご確認ください。
急増中のアマゾンギフト券現金化買取サービス

 

ただアマゾンギフト券も詐欺業者が悪用している匿名性の高い金券類ということもあり不安要素は残っています。

 

クレジットカード現金化の業者は1種類ではない

クレジットカード現金化の業者は1つではない

 

現金化業者と一口に言っても様々なサービスを行っている業者がいる事が良くわかりました。

 

調査してわかった事は、クレジットカード現金化が悪質か優良か?という事ではなく。
現金化業者が悪質か優r長か?という結果になるようでした。

 

その為、現金化業者の悪質か優良かを見きわめなければいけません。
そうしなければどの業者が優良なのか否か?という事がわかりませんよね。

 

まずは優良の現金化業者を見きわめる手段を学ぶ他ありません。
そんな方はこちらの記事を参考かに優良業者を探してください。

 

今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日