クレジットカード現金化業界に終わりはない理由

クレジットカード現金化業界に終わりはない理由

 

日本のクレジットカードは今から50年以上前からあり、今後もなくなる可能性はありません。

 

世の中にに定着したサービスはそれに代わる画期的なモノもしくは、法律で完全に禁止されるまで利用される続けるようになるでしょう。

 

「クレジットカードの代わりになるもの」と考えると誰もが「お金」という言葉に行き着くでしょう。
クレジットカードはそもそもお金の代用品として利用できる物だからなのです。

 

お金のように使えるクレジットカードですが、クレジットカードの代わりに使えるモノなんて誰も想像すらできません。

 

あるとしたら、携帯キャリア決済機能
もしくはそれに紐付けされた電子マネーと言ったところでしょうか。

 

しかし、どちらもクレジットカードと比べると『代わり』というには流石にサービスが劣りすぎている気もします。
したがってクレジットカードの変わりは存在する事は無く、無くならない存在となるのです。

クレジットカード現金化は不滅である理由1

クレジットカード現金化は不滅である理由1

 

クレジットカード現金化が無くならない理由のひとつには、そのサービスの便利さです。
例えば、今世間では個人的な長距離の移動手段には

  • 電車
  • 新幹線
  • 飛行機

などの移動手段を利用していますよね?

 

もしもこの移動手段が『危険だから』という理由で乗るのを注意された場合、あなたはこれらを利用せずに生活する事ができますか?

 

車・電車・新幹線・飛行機より便利で安全な移動手段があるならば問題ありません。
しかし、そんな手段がないとなった場合今までと変わらず、今までと同じ手段を利用して生活を送るのではないでしょうか?

 

このように、クレジットカードの現金化を普段から利用している方は法律で裁かれるような事が無ければ利用し続けるのです。

 

クレジットカード現金化は不滅である理由2

 

理由1を見ればわかるように違法にでもしなければクレジットカード現金化は収まりません。
では、ここで『クレジットカード現金化は違法』という法律を設置しても、その法律はまったく機能しないという状態になるか、機能し過ぎて逮捕者が続出するかのどちらかになります。

 

その理由は以下のようになっているからなのです。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードで購入した商品を現金に変える行為の事を差しています。

 

では例えば、新しいゲームを購入して遊んでみたがそこまで面白くなかったので売って新しいゲームを購入した。

 

こちらは一見、普通の行動に見えますが実はれっきとしたクレジットカード現金化という行為に当たるのです。
なぜならばクレジットカードで購入した商品を売って現金にしているので、クレジットカード現金化という事になります。

 

しかし、この例でわかるのはクレジットカード現金化を利用した本人にクレジットカード現金化をするという意思があったのかどうか。
現金化をする意思はクレジットカードで商品を購入した本人しかわかりません。

 

その為、『現金化をするつもりで商品を購入していない。』と言えば極論、現金化で商品を購入していないという事になります。

 

これでは無いに等しい法律になってしまいますが、この逆ならばどうでしょうか?

 

クレジットカード現金化を利用した人は問答無用で逮捕するという物です。

 

たとえ現金化という行為を知らなくても、偶然でもです。
しかし、これにはクレジットカードで購入した商品の動きが管理できないという欠点が存在する為きようする事はできません。

 

以上の事からクレジットカード現金化が消える事は無いという事がわかります。

 

クレジットカード現金化はどうやって生まれたのか?

クレジットカード現金化はどうやって生まれたのか?

 

そもそもクレジットカード現金化というサービスはどうやって生まれたのでしょうか?

 

お金がない人が金策の方法としてクレジットカードで買い物をし、その商品を換金するのが現在のクレジットカード現金化の起源となっています。
クレジットカード現金化を自分で行う方は今でもこの方法を行うこともあるくらいです。
自分で出来る?クレジットカードショッピング枠の現金化!

 

しかし、クレジットカードの利用規約では換金目的の使用を禁じる項目がありそれは今も昔も変わることはありません。

 

2011年頃キャッシュバックによる現金化業者が摘発される報道が世に広まり、クレジットカード現金化は違法なビジネスとされましたが数年経過した現在ではそんな雰囲気も薄らいだように感じられます。

 

インターネット上では今でも数百社の現金化サイトが営業しており、総量規制の影響を受けて消費者金融からお金を借りることができなくなった専業主婦の方や無職の方ですぐに資金調達できる方法として人気が衰えることのない定着したサービスといえます。

 

最近ではニュースや報道で取り上げられることはありませんが、新しい金融サービスとして「クレジットカード現金化」のカテゴリーがあってもいいくらい当たり前となったサービスです。

 

現金化サービスがなくなる可能性

現金化サービスがなくなる可能性

 

現在のようにクレジットカード現金化が定着する以前はさまざまな現金化サービスがなくなる可能性が推測されました。
その一番の可能性が法律による規制です。これまでクレジットカード現金化は法律に基づき違法にはならない範囲で営業していますが、新らな法律が制定される場合、回避のための事前準備ができません。

 

その結果、現金化業界が壊滅的ダメージを受ける可能性が考えられました。

 

しかし、先程もお伝えしたようにその法律の政策こそが不可能なのです。

 

その為、クレジットカード現金化がなくなる可能性はありません。
現金化の方法は新しいモノも出てくることはありますが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する根本的な考え方は絶対になくならないと断言できます。

 

クレジットカード現金化ビギナーズガイド | 初めてのカードでお金のTOPへ戻る

今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日