商品券によるクレジットカード現金化

商品券によるクレジットカード現金化

 

 

クレジットカード現金化するために購入する商品は換金できるモノやキャッシュバックの特典が付くモノと様々です。
現金化業界で最も多く活用されていたのが新幹線の回数券です。

 

新幹線の回数券が選ばれている理由は取引される買い取り相場が90%以上と高いからという理由がありました。

 

しかし、それをさらに上回る換金性の高さを誇るのがJCBやVISAが発行している商品券なのです。

 

金券ショップでのJCB商品券の買い取り相場は高いところですと98%で換金することができるのです。
つまりクレジットカード現金化に最適の商品なのですが、商品券による現金化は現実的には困難なのです。

 

その理由が以下の通りになります。

 

 

商品券によるクレジットカード現金化が危険な理由

 

クレジットカード現金化で購入する商品は換金率が高いほどロスが少なくなり効率がよくなります。
そういった意味では究極の現金化方法なのですが、それが活用されない理由がありました。

 

それは商品券の種類によって変わります。
例えば一番有名な新幹線の回数券から説明していきましょう。

 

新幹線の回数券

 

クレジットカード現金化といえばイコールで紐付けられる程有名なのが、この新幹線の回数券を利用した現金化です。

 

クレジットカードで購入出来るだけではなく、全国どこでも手に入れる事が出来る。
尚且つ換金率が高いという点でも凄く重宝されている現金化サービスになっております。

 

しかし、新幹線の回数券を用いた現金化は今ではリスクが大きすぎる方法になってしまいました。
あまりにも有名になりすぎて、カード会社に目を付けられてしまったのです。

 

  • 新規発行のクレジットカード
  • 未払い金のある方
  • 支払いが遅れる方
  • 過去に一度カードが止まっている方

上記に当てはまる方は新幹線の回数券を購入する事すら難しいと予想できます。

 

どれだけ厳しいかというと、現金化目的でなくてもクレジットカードが一時停止してしまうほど厳重に管理されているのです。

 

換金率は良いかも知れませんが、購入できなければ現金化何もあった物ではありません。
詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。
王道ほど危険!?新幹線の回数券によるクレジットカードの現金化

 

カード会社発行の商品券

 

次に利用されているのは、カード会社が発行している商品券です。
耳にした事や目にした事があるとは思いますが、対象の百貨店やスーパー、飲食店で利用する事が出来るのがこの商品券となっています。

 

しかしこの商品券を発行しているのがVISAやJCBといったクレジットカード会社であり、換金する目的でクレジットカードを使用することは会員規約で禁じているのです。
クレジットカードで購入することができない訳ではありませんが、一度に大量購入や頻繁に購入することは当然ながら禁じられています。

 

結果、新幹線の回数券と同様の危険な商品という事になってしまうのです。
従って、クレジットカード決済で商品券を購入することは難しく、商品券によるクレジットカード現金化は実現が難しいという事がわかります。

 

カード会社にクレジットカードの現金化が発覚したら?

 

もしもカード会社にクレジットカード現金化を行っているという行為が発覚した場合、即座にクレジットカードを利用停止にさせられてしまいます。

 

クレジットカード現金化においてカードが利用停止になるというのはとてもリスクの高い行為である事は間違いありません。
カードの利用額次第ではありますが、最悪の場合10万や20万単位の支払い請求をされるようになってしまいます。

 

詳しくはこちらに記載されている詳細をご覧ください。
【注意】クレジットカード現金化による利用停止の恐怖

 

クレジットカード現金化を安全に行うには?

 

以上の結果から商品券を用いた現金化を利用した場合、換金率は高いがそれに伴うリスクが大きすぎるという事がわかりました。
しかし、現金化業者を利用すれば問題は解決します。

 

自分で現金化を行うのがカードが利用停止になる一番の理由だからです。

 

現金化業者はクレジットカードが停止しない方法で決済を行う事が出来るのです。
まずはそんな現金化業者の詳細情報から知ってみるのはいかがでしょうか?

 

クレジットカード現金化のいろは

 

カード決済で商品券が購入できる商品券.com

カード決済で商品券購入

これまでのクレジットカード現金化では「商品券は無理」が常識でした。
しかし、新しいタイプのサービスとしてクレジットカード決済が可能な金券ショップが登場したのです。

 

街中に店舗を構えている一般的な金券ショップではクレジットカードは使用できません。これは金券ショップという業務内容がクレジット加盟店の審査に通らないからなのです。

クレジットカード決済できる商品券.com

これまでの常識を超えたカード決済で商品券が購入可能な商品券.comでは愛知県の名古屋で営業している公安委員会の許可を得た正規の金券ショップです。現在では商品券.comを含め、3社ほどがカード決済可能な商品券の販売を行っています。

 

商品券の発行元で購入する場合には額面と同額で販売されていますが、一般的な金券ショップで販売されている商品券の価格は額面よりも若干安い金額で購入することができます。

 

しかし、クレジットカード決済で購入可能な商品券.comでは額面よりも高い価格で販売されています。ホームページにはJCB商品券1,000円分を1,070円と7%高い金額での販売となっているのです。ですが、この商品券を購入しようと購入のページに進みますとその明確な仕組みが記されていました。

 

JCB商品券1,000円分を50枚セットに金額ですが、正規で購入すれば5万円です。1枚1,070円ですと53,500円のはずなのですが、

  • 商品価格 57,000円
  • 税・サ8% 4,560円
  • 送料手数料 680円
  • 合計金額 62,240円

まず1枚1,070円の商品価格のはずが50枚で57,000円ですと1枚1,140円の計算になります。この1,070円は最安値の価格であり一律の価格ではないということなのです。
さらに法律上、商品券では加算されることのない消費税とおぼしき8%の手数料が必要となるのです。

 

この時点で5万円の商品券を購入するために62,240円が必要になります。この商品券を現金にて購入する人はいないはずなのですが、次の項目は支払い方法の選択があります。銀行振り込みもしくはカード決済となりますが、ここでも

  • VISA・MASTER・AMEX 6% 65,974円
  • JCB 13.8% 70,829円

のカード決済手数料を負担しなければならないのです。

 

結果的に5万円の商品券を購入するために30%以上の手数料が必要になってくるのです。この方法でクレジットカード現金化することは可能ですがリスクや換金率を考慮しますと非常に効率の悪い現金化方法です。まだこの方法はできて間もない発展途上ともいえますが、アマゾンギフト券買い取りのように急成長するサービスにはなるとは思えません。


今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日