最終更新日時:2018年11月12日

クレジットカード現金化の使用用途の確認

クレジットカード現金化の使用用途の確認

 

クレジットカード現金化を利用する人の目的はお金を工面するために利用している方がほとんどです。
そのお金の使用用途を現金化サイトへの申し込みの際に問われることがあります。

 

詳しくはこちらを参考にご覧ください。
【簡単】クレジットカード現金化の入り口~サイトへの申し込み~

 

なぜクレジットカード現金化で使用用途を問われるのかといいますと、一般的な使用用途では以下のようになっています。

  • 冠婚葬祭
  • クレジットカードの支払い
  • 旅行・交際費
  • 事業の運転資金
  • 生活費

 

などのように消費者金融などの用途と同じような内容がほとんどなのですが、場合によっては利用できない場合も存在しているのです。

 

それが以下の様な使用用途になっています。

 

  • 競馬予想情報
  • パチンコ攻略法
  • 出会い系サイト
  • 投資系詐欺

 

などの詐欺被害に遭う可能性が高い使用目的の場合はクレジットカード現金化の利用を断られてしまう事があります。

 

なぜ使用用途によってクレジットカード現金化が利用できないのかを簡単に見ていきましょう。

何故利用用途によっては現金化が使えない?

何故利用用途によっては現金化が使えない?

 

クレジットカード現金化で詐欺や法に触れるサービスで利用された場合、カード決済がキャンセルされキャッシュバックした金額は返金されないケースがあるのです。

 

つまり、現金化業者は詐欺業者の仲間と捉えられ、詐欺の容疑者になってしまう可能性が存在しますよね。
その為、利用者から使用用途を聞き未然に自社がトラブルに巻き込まれるのを防止しているのです。

 

クレジットカード現金化はあくまでもキャッシュバック付き商品などを販売しているネットショップです。
違法な詐欺業者とは一切関係ありません。

 

しかし世間からは闇金融と同じような扱いをされている部分がある為、詐欺業者のように錯誤されることもあります。
ごく普通のインターネットでの買い物でキャッシュバックできるサービスなのです。

 

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。
現金化はインターネットで簡単完結!利便性が優れている資金調達法

 

その為、利用者の態度によっては利用を断られてしまう場合もあるという事を肝に銘じておきましょう。
当然換金率にも影響を及ぼす事もありますので現金化業者を利用する際には、その態度にも充分に気をつける事を心がける事をオススメいたします。

 

では、どのような態度が現金化業者に嫌われてしまうのでしょうか?
簡単に詳細をご紹介させていただこうと思います。

 

現金化業者に嫌われる利用者の態度

現金化業者に嫌われる利用者の態度

 

基本的に嫌われる態度は飲食店や、コンビニの店員に嫌われるような態度と変わりありません。

 

  • 上から目線の態度
  • 質問ばかりで話が進まない利用者
  • 利用するかしないかずっと曖昧な利用者

 

以上のような利用者が現金化業者には嫌われるようになっています。
では、どのような態度なのかも加えて確認していってみましょう。

 

上から目線の態度

こちらはわかりやすい態度の利用者ですね。
『利用してやってるんだから』という横暴な態度を取り、全てのサービス提供者に決してすかれる事は無いような現金化利用者の事をさしています。

 

お客様は神様ではありません。
こと、クレジットカード現金化に対しては利用者はお願いしている立場です。

 

『利用してあげてもいいんだぜ?』という態度の人がいれば、『結構です。』と続くのは当たり前ですよね。
その様な態度をとっても損をするだけなので、心当たりのある方はもう少し利用の仕方を考え直しましょう。

 

質問ばかりで話が進まない利用者

 

こちらはどちらにも非があると言ってもいいでしょう。
利用者は不安なので当然わからない事は質問を繰り返します。

 

しかし、業者としては手早く利用を決めてくれた方が楽ですね。
なので業者からすれば呆れてしまうような態度である事は確かなのです。

 

しかし、永遠に質問攻めに合う事で業者の評価が『利用者』から『利用しない人』に変化する事があります。

 

そうなってしまうと、接客はしてくれません。

 

そこで接客を諦める業者もよくありませんが、出来るだけ業者のやる気を削がないようにするのも利用する上でのテクニックと言えます。
なので、業者に対しての質問は予めリストアップしておく事をお勧めいたします。

 

利用するかしないかずっと曖昧な利用者

 

こちらは質問攻めとは違い利用者に非があるとも言えます。
確かにお金が関係している事なので充分に吟味したい気持ちもわかりますが、優柔不断なのはいただけません。

 

現金化業者と電話をしている状態は、スーパーのレジの前で買うか買わないかをずっと悩んでいる行為と変わりありません。

 

利用しないならば、利用しない、利用するのであれば利用する。
この部分をしっかりさせる事が重要と言えるでしょう。

 

現金化業者も人間である事を忘れない

仕組み

 

以上のような態度は、いくらサービスを提供する側といえどいい評価を貰う事は出来ません。
そうなれば当然、提供されるサービスの質は落ちてきます。

 

どうせ利用するならば、少しでも換金率を上げて利用したいですよね。
ならば、現金化業者に好かれるような態度でこちらも臨むべきなのではないでしょうか?

 

更に換金率を上げたいと思うのであれば、優良の現金化業者を利用するのが必要最低限となっています。

 

当サイトでは優良の現金化業者を利用する為の方法もご紹介させていただいておりますので、気になる方は是非ともこちらの記事を参考にご覧ください。

 

仕組み