クレジットカード現金化の換金率についての疑問とは?

 

皆さんはクレジットカード現金化の換金率についてこう考えた事はありませんか?

 

  • なぜ換金率は下がってしまうのか?
  • 換金率が下がるり理由は?
  • 換金率を上げる事ってできないの?

 

クレジットカード現金化の換金率の問題は切っても切り離せません。

 

利用するからには換金率の高い現金化業者を利用したい。

 

その考えは普通だと思います。

 

しかし、思ったところでその方法や原理がわからない、という壁にぶち当たり疑問の解消を断念してしまう人も特に多いのではないでしょうか?

 

換金率の甘い罠には注意

換金率の甘い罠には注意

 

クレジットカード現金化サイトを比較する際に換金率というのは明確な数字で表示されているため簡単に見分けることができます。

 

80%のサイトよりも85%の方が高く、85%よりも90%の方が高いという数字の高い低いは誰にでもわかることです。

 

その為、現金化業者としても80%と表示するよりも90%の換金率と表示したほうが確実に申し込み件数は増えます。

 

例え実際の換金率が70%だったとしても、ありのままを表記しては申し込みが入らないことは間違いありません。

 

つまり実質的な換金率とは無関係の新規顧客獲得のための高い換金率を表記している現金化サイトは多数存在するということになります。

 

しかし現金化業者も「絶対に90%の換金率」という表現方法ではなく、「最高90%でキャッシュバック」というように最大値であった場合という言葉の逃げ道を作っています。

 

そういった現金化業者で利用した場合、「サイトには90%と記載されていたのに実際は70%にしかならなかった」というクレームやトラブルに発展しかねないことになります。

 

この問題というのは現在のクレジットカード現金化業界では常習化されつつあります。

 

大手のサイトや老舗業者にも関係なく新規申し込みは必要なものであり、それがなければ運営を続けることはできません。

 

換金率を誇大表示することにより現金化業界は世間からクリーンなイメージとなる妨げとなっているのは間違いありません。

 

高換金率の業者を利用するには?

高換金率の業者を利用するには?

 

換金率の事は利用者にはどうする事も出来ないんじゃないの?

 

確かに他のサイトでも現状を受け入れるしかない。というような内容の記事は多く存在しています。

 

でも、それを知っているかいないかでは現金化に関するその後の行動や、精神的な持ちようが大きく変わって来ます。

 

どのような事が起こるかわかっていればその他策方法を考える事が出来ますからね。

 

そこで疑問解消に少しでも協力出来るように、換金率に関する疑問・対策についての方法を紹介させて頂こうと思います。