クレジットカード現金化を利用して信用情報が傷つく可能性

クレジットカード現金化を利用して信用情報が傷つく可能性

 

ハジメ

 

皆さんはクレジットカード現金化を利用する事に抵抗はありませんか?

 

  • クレジットカードの信用情報について気にしている人
  • 換金率に関しての疑問や不安を抱えている人
  • 法律的に問題がないかどうか気にしている人

 

現金化に恐怖を感じている方の悩みはそれぞれですよね。
そこで今回はこの中の信用情報についてお答えさせていただきたいと思います。

 

法律や疑問不安に関してはこちらの記事を参考にご覧ください。

 

 

 

 

クレジットカードの信用情報ってなに?

クレジットカードの信用情報ってなに?

 

そもそも皆さんは信用情報がどのような事かをご存知でしょうか?

 

信用情報とはクレジットカードだけにある物ではありません。

 

簡単にその部分に触れてから本題に入るとしましょう。

 

簡単に言えば

  • 本人情報
  • クレジットカードの申込内容
  • 契約内容
  • 支払状況
  • 残高
  • etc

 

などの情報を保管する機関が存在しています。

 

上記の物を全てひっくるめて信用情報という事になっているのです。

 

その代表が3機関あります。

 

各機関によって取り扱っている信用情報も少々違ってきますのでご確認ください。

 

個人情報を登録している3つの機関

JICC【(株)日本信用情報機関】
  • クレジットカード会社
  • 貸金業者
  • 保証会社
CIC【(株)シー・アイ・シー】
  • クレジットカード会社
  • 消費者金融
  • 携帯電話会社
JBA【全国銀行個人信用情報センター】
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農協

 

基本的にお金を借りたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりした場合この3つの機関に登録されます。

 

料金の支払いが遅れたり税金を滞納したり借金をしていないか?というような情報が登録されます。

 

支払いが遅れたりすると、登録されている情報に登録され、「支払いが遅れた人」として更新されます。

 

あまりにも支払いを遅れたり払わなかったりしていると、ブラックリストに登録されてしまいます。

 

その状況がいわゆる、信用情報・クレジットヒストリーに傷が付くと言われています。

 

 

信用情報が傷つくとどうなるのか?

 

ここでいう信用情報というのはキャッシングやローンといった支払い面での情報となっています。

 

この信用情報が傷つくと、新しいクレジットカードを作ったりローンを組んだりする事が出来なくなってしまう危険性があるのです。

 

ハジメ

 

では、明確的にはどのような行動が信用問題に影響するのでしょうか?

信用情報に傷がつく行動3選

信用情報に傷がつく行動3選

 

ここでは信用情報を無くす行動を3つに厳選してそちらの説明をさせて頂こうと思います。

 

クレジットカードの信用情報と関係ないと思う方もいるかもしれません。

 

しかしどちらも同じ機関で管理されているので、一方に影響が出ればもう一方に影響が出ない訳がありません。

 

つまりクレジットカードの信用情報と関係のない事でも、遠く回って関係があるという事なのです。

 

知っておいて損はありませんよ。

 

キャッシング・カードローンの申込みを繰り返す

キャッシング・カードローンの申込みを繰り返す

 

実はキャッシングなどの申込みを繰り返すと、それだけでブラックリストに入ってしまう可能性があるのです。

 

申込みを行った履歴は長くて6ヶ月と言われています。
それは審査が通ろうが通らなかろうが履歴は残ってしまうのです。

 

申込み自体がブラックという事になり信用情報を傷つけてしまう原因になるという事ですね。

 

電話料金の未払いや遅延

電話料金の未払いや遅延

 

こちら電話料金の未払いや遅延も信用情報を傷つける原因のひとつになるのです。

 

忙しくて忘れてた。という理由でも、金銭的な管理の出来ない方だと判断されてしまうのです。

 

ブラックリに登録されストるまでの期間は3ヶ月と言われています。
つまり、1月の支払いを3月までにされなければブラックリストに入ってしまうということなのです。

 

クレジットカード現金化という行為がカード会社に発覚する

クレジットカード現金化という行為がカード会社に発覚する

 

クレジットカード現金化という行為はカード会社の利用規約で禁止されている行為です。

 

この行為がカード会社に発覚するとクレジットカードの利用停止、強制退会は免れません。

 

現金化を行うということは、このようなリスクもあるという事は忘れないようにしましょう。

 

クレジットカード現金化は利用するだけで信用情報が傷つくのか?

クレジットカード現金化は利用するだけで信用情報が傷つくのか?

 

そんなクレジットカード現金化は利用するだけですぐにブラックリストに入ってしまうのでしょうか?

 

確かにそのサービスを利用している事が発覚してしまえば、即座にカードが利用停止になってしまいます。

 

しかし、業者にバレずに支払いをしっかり行っていればクレジットカード現金化を利用しても問題は無いのです。

 

その理由が現金化業者のサービス形態にあるからです。

 

現金化業者と信用情報の関係

現金化業者と信用情報の関係

 

クレジットカード現金化を行うのに審査はありません。

 

これがキャッシングやローンとの大きな違いです。

 

審査がないという事は審査を行う理由が無い、必要がないという事になります。

 

信用情報を元にサービスを提供するかどうか判断していないという事なのですね。

 

なので、先程ご紹介した3つの機関に連絡を取って利用者の信用情報を確認する事はありません。

 

裏を返せば信用情報機関と繋がってないので、クレジットカード現金化業者を利用しても機関に報告される事もないという事です。

 

しかし、なぜクレジットカード現金化業者は機関との繋がりが無いのでしょうか?

 

クレジットカード現金化業者が信用情報機関と繋がってない理由

クレジットカード現金化業者が信用情報機関と繋がってない理由

 

情報機関には指定信用情報機関制度の概要という物が定められています。

 

お金を貸す側の業者は返済できない金額を貸さないように、ちゃんと借りる側の抱えている借金とかを確認しましょうね。

 

簡単に説明すると上記のような事になります。

 

しかし、クレジットカード現金化業者は貸金業ではありません。

 

商品を売り買いしているネット通販のようなものです。
なので現金化業者は貸金業ではないという事なのです。

 

なので信用情報機関で利用者を審査することも、利用者の情報を機関に登録する義務もないという事なのです。

 

つまりクレジットカード現金化を利用したからと言って、信用情報が傷つく原因にはならないと言えるわけです。

 

利用するなら安全な現金化業者を!

利用するなら安全な現金化業者を

 

どの比較サイトでも言っていますが、もしも現金化業者を利用するのであれば間違いなく優良業者を利用しなければいけません。

 

悪質業者を利用するだけで信用情報が傷ついてしまう可能性があるからです。

 

現金化はカード会社に禁止されているといいました。

 

悪質の業者を利用するとクレジットカードの決済が雑になりカード会社にバレてしまう可能性が大きくなるのです。

 

バレなくてもいい現金化という行為を、カード会社にわざわざ晒すようなマネをする必要はありません。

 

優良の業者を利用して、高い換金率で現金を手に入れた方がいいですよね?

 

業者を利用する際には、優良業者の利用を心がける事をオススメいたします。

 

優良業者をお探しの方はこちらのランキングを参考にご覧ください。