クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利

更新日:2015年07月15日

クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利

 

クレジットカードの基本的な機能は、

  • お金を借りるキャッシング
  • 買い物をするショッピング

という二つの利用枠があります。
どちらの機能も利用した場合には必ず返済することになり、完済するまでの期間に対して金利が発生します。

 

ではkの金利の違いを確認していって見ましょう。

 

 

キャッシングの金利


 

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りた場合の金利というのは『消費者金融から融資をうけるのと同じく』、2010年の法改正後の現在の利息制限法と出資法で定める上限金利に近いものとなります。

  • 10万円以下 20%
  • 10万円以上100万円未満 18%
  • 100万円以上 15%

キャッシングでの金利はどのカード会社でも差はなく利用者にとっては一定のものとなります。

 

ショッピングの金利


 

クレジットカード現金化サービスで利用するショッピング枠を利用した場合にかかる金利はキャッシングと比較すると低金利で利用することができます。
こちらはカード会社や支払い回数により金利は異なり最高でも12%~15%で利用することができます。

 

クレジットカード現金化の金利と消費者金融の金利を比べてみた

 

ショッピング枠とキャッシング枠の金利を確認して見ると解かりますが、金利が大幅に違う事がわかります。

 

では、消費者金融の金利はどのようになっているのでしょうか?
大手消費者金融の金利を調査してみたところ以下のようになりました。

 

金融機関 金利
アコム 4.5%~17.8%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%

 

以上の金利を確認していただければ一目瞭然でしょう。

 

ショッピング枠の金利は最高12%~15%に対して、キャッシングや消費者金融は最高で18%となっています。

 

借り入れる金額によって金利は変わりますが、カードによっては30万円で18%になる会社あるようなので低い利用額で18%に到達してしまう事も珍しくはないでしょう。

 

なぜクレジットカード現金化より消費者金融の方が金利が高いのか?

 

ショッピング枠の金利とキャッシング枠の金利はなぜこんなにも違うのでしょうか?
その理由は、それぞれの機能に秘密があります。

 

キャッシングは現金を借りる事が出来ますがショッピング枠は現金を借りることは出来ません。
枠分の買物が出来るだけで現金を引き出す事が出来る訳ではないのです。

 

つまり、クレジットカードが利用できない店ではただのカードでしかありません。
まだ、テレフォンカードの方が役に立つのではないでしょうか?

 

そうなると、どこでも利用できる現金と比べて利用用途は大幅に低くなってしまいます。
なので、キャッシング枠よりも幾分か金利が低くなるのでしょう。

 

ショッピング枠の現金化は大々的にはできない

 

しかし、現金化を行えばショッピング枠でも現金を手にする事が出来ると思っているかもしれませんが、そこまで大々的に行う事は出来ません。

 

その理由は、クレジットカード会社の利用規約に「ショッピング枠の現金化は規約違反」と宣言しているのです。

 

ショッピング枠の現金化はカード会社の中では行われる事のない行動とされている為、金利はショッピング枠の方が低くなるという事です。

 

では、クレジットカード現金化というサービスは意味が無いのではないか?という疑問もあるかもしれません。

 

ここからの話は、自分が本当に現金を必要としているのかどうか?という部分が大きく関わってきます。

詳しくはこちら

 

そこまでして現金が必要かどうか?という事がクレジットカード現金化には問われるのです。

 

その為、最終手段と言われているのです。

 

クレジットカード現金化は低金利でバレることは殆どない

 

先程、脅すような事を言いました。

 

しかし、クレジットカード現金化という行為は利用の方法次第ではバレる事はありません。

 

クレジットカード現金化とは『クレジットカードで購入した商品を現金に換える』行為を指しています。

 

なので、借金や借入れに分類される事はありません。

 

ハジメ

 

更に、現金化業者を利用していればカード会社や友人、親などにもバレる事無く安全に利用できるのです。

理由はこちらで説明しています。