クレジットカード現金化の安全性について | 危険なイメージと不安の種

 

最近ではクレジットカード現金化の安全性が騒がれていますよね。

 

安全に利用したい!

 

利用する側の人からすれば当然の事だと思います。

 

しかし、その単語を見るたびに毎回思うんです。

 

どのように安全ならばいいのだろうか?

 

少なくとも、クレジットカード現金化という行為がすでにカード会社の利用規約に違反しています。

 

この時点で多少のリスクを感じる方は絶対にいますよね?

 

どこまでの安全性が保証されていればその業者は安全と言えるのでしょうか。

 

私の見解では、安全性を求めている方はクレジットカード現金化というサービス詳細を知らないからではないか?と思うのです。

 

  1. 知らないが周りは危険だと言っている。
  2. でも、安全な業者を利用すれば大丈夫とも言っている。
  3. ならば安全な業者を利用しよう!

 

このような考えが頭の中にめぐっているのではないでしょうか?

 

なので漠然と安全性の高い業者を求めているという事です。

 

では、その様な考えの方はまずはなにをするべきなのか?

 

クレジットカード現金化における本当の意味の安全性という物をまず理解する事で、本当の優良業者を見つける事ができます。

 

まずは安全性について少しでもいいので学ぶところから始めてみましょう!

 

給料ファクタリングとは?ゼロからできる現金調達の真実

 

近年聞かれるようになってきた給料ファクタリングというサービス。
あまり良いイメージを持っていない方も多いのではないでしょうか。
給料ファクタリングとは、自分の未来の給料をファクタリング業者に「買い取って」もらうサービス。
借入ではないので、利息の付いた返済額が請求されることはありません。

 

今回は「そもそも給料ファクタリングってなに?」と疑問に思っている方にもわかりやすく、「給料ファクタリング」について詳しく解説していきます!

 

給料ファクタリングの仕組みと特徴を知ろう!

 

「給料ファクタリング」とは、「給料を現金化する」ということはなんとなくわかりますよね。
しかし、一体どういった仕組みで、またどんな人が利用できるのかがわからなく、利用に対して不安を持っている方も多いのが現実。
そんな不安を払拭していただくため、給料ファクタリングの仕組みと特徴、また誰でも利用可能なのかについてを詳しくみていきましょう。

 

どういう仕組みで現金を調達するのか?

 

そもそも給料とは、働いた報酬を「後払い」でもらうもの。
その給料を請求する権利である「給料債権」をファクタリング業者に譲渡し、給料日よりも前に現金化する、というのが給料ファクタリングです。要するに働いて得た給料を前借するようなもの。自分の将来の給料を現金に変えるので、担保を用意する必要もなく現金を調達できるという安全な現金調達方法です。

 

金融系がブラックでも利用できるのが特徴

 

給料ファクタリングを利用できる条件は、「働いていること」のみ。
過去に多重債務や返済遅延などがあり、いわゆる「金融ブラック」の状態である場合、新たに借入したくても審査で金融ブラックということが発覚してしまい、借入を拒否される、ということがありますよね。
しかし、給料ファクタリングは借入ではないので審査はありません。
仮に「金融ブラック」であったとしても給料ファクタリングは利用することができるのです。

 

個人の給料ファクタリングを受けてくれる業者詳細

 

「ファクタリング」とは本来会社と会社が行うことですが、「給料ファクタリング」は会社と個人が行うことなので、個人での利用が可能です。
2社間ファクタリングであれば、ファクタリング業者と依頼主(個人)の間でのみ取り引きが行われるので、勤務先に承認を得ることなく給料ファクタリングを行うことができるのが特徴です。

 

『ファクタリング』は会社と会社が行う物ですが、給料ファクタリングは会社と個人が行う物なので個人の利用が可能になります。

 

給料ファクタリングは危険なのか?気をつけることを大公開

 

きちんとした業者を選べば全く心配は必要ない給料ファクタリングですが、もちろん以下のような、気を付けなければならないことはあります。

 

給料債権ではないものに充分注意する
審査に必要な書類を集めるのが大変
悪質な業者が存在している

 

ここではきとんとした知識、また気を付けるべき点について詳しく解説するので、利用の際には注意しましょう。

 

給料債権ではないものに充分注意する

 

給料ファクタリングを利用して現金化できる対象は、「基本給のみ」ということを覚えておきましょう。
残業代やボーナスは対象にはならない、ということです。
【利用限度額=基本給-保険料等】
ですので、給料ファクタリングはご自身の基本給をきちんと把握した上で利用額を決めなければなりません。

 

審査に必要な書類を集めるのが大変

 

給料ファクタリングを利用するにあたって、用意しなければならない書類は以下の通りです。

 

身分証明書(顔写真付き。免許証など)
直近2か月分の給与明細
給料が入金されていることが確認できる通帳
公共料金・電話料金などの請求書

 

免許証などはすぐに提示できますが、給与明細や通帳も必要なので、利用の際はこれらがすぐ提出できるようにしておく必要があります。

 

悪質な業者が存在している

 

残念ながら、給料ファクタリング業者の中には、法外とも思える手数料を取る業者や、入金直前に金額を減らしてくる詐欺業者がいるのも事実です。
そのような業者と契約してしまった場合、多額の損失を出してしまうほか、被害額によってはそれが借金になってしまう可能性もあります。
給料ファクタリングを利用する際は、業者選びは大事なポイントです。

 

給料ファクタリングは悪質な業者さえ利用しなければ便利

 

先ほど、「なかには悪質な業者もいる」とお伝えしましたが、もちろんそのような業者ばかりではありません。
健全に安全な取り引きを行っている業者を選べば、給料ファクタリングはとても便利なサービスです。
それでは、悪質業者ではなく、優良な会社を利用するために気を付けなければいけないこととはどんなことでしょう。

 

悪質ではない業者を利用するために気をつけること

 

悪質業者を利用してしまわないようにすべきことは、以下が大切。
口コミ・比較サイトなどを利用し、情報を集める
複数のファクタリング業者に問い合わせをする
口コミサイトや比較サイトで情報を集め、人気の高い業者を複数社絞ったら、それらの業者に問い合わせをし、手数料などを確認しましょう。

 

まとめ
いかがでしたか?
給料ファクタリングとはそもそもどんなサービスなのか、また危険ではないのかと疑問に思っていた方にも、きちんと優良な業者を選べば安全に利用できとても便利だということがおわかりいただけたはずです。

 

優良な業者を探す際にはやはり、実際利用した人たちの口コミで優良だと言われている業者を利用するのが一番安全ですね。

クレジットカード現金化業者絞り込み検索リセット