最終更新日時:2018年11月12日

銀行の営業時間により左右される即日現金化

銀行口座で異なる振込み空間

 

これまでの一般的な銀行というのは、

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農業協同組合など

で営業時間は午前9時から午後3時まででした。

 

お金を移動する時に利用される銀行はこの営業時間内でしか取引することができず時間外は翌営業日扱いでの取引となっていました。
当然クレジットカード現金化サービスの当日振込もこの時間内で決済及び送金が完了するということが一般的でした。

 

しかし、ここ数年で急成長してきたネットバンクによりクレジットカード現金化の即日現金化サービスはより利便性を増すことになりました。

ネットバンクによる即日現金化の時間延長

ネットバンクによる即日現金化の時間延長

 

これまでの当日振込というのは午後3時までに手続きを完了させる必要があり、即日現金化の申し込み時間は午後2時半までに行わなければ当日中に振込むことはできませんでした。

 

クレジットカード現金化のホームページには「24時間即日振込可能!」という言葉がありますが、これは一体どういうことなのでしょうか。
この24時間即日現金化には条件があります。

 

その条件というのはクレジットカード現金化が指定しているネットバンクと同じ口座が必要ということです。

 

このネットバンクというのはゆうちょ銀行を除き、一般的な銀行のような窓口やATMを持たずネットのみで取引を行うことが可能な銀行です。
ネットバンクには窓口がないという点から営業時間という概念を持たず、いつでも取引を行うことができます。

 

つまりこのクレジットカード現金化業者が使用しているネットバンクの口座があるという条件をクリアできれば24時間即日振込が可能ということになるのです。

 

主な現金化で使用されているネットバンクは、

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

の3つの銀行しかありませんが、今後このクレジットカード現金化サービスが普及することにより、さらに多くのセブン銀行じぶん銀行といった、まだ少数派とされるネットバンクでも即日現金化を利用できるようになっているのではないでしょうか。

 

クレジットカード現金化の知識についての追求

クレジットカード現金化の知識についての追求

 

いかがでしょうか?
現金化に関してや、申し込みの手続きに関してだいぶ解かってきたのではないでしょうか?

 

しかし、クレジットカード現金化というサービスは他にも学んでおいた方がいい知識は沢山存在しています。

 

この3点を学んだのであれば、次はクレジットカードの種類でサービスが異なってくるという事を知っておいた方が良いでしょう。

 

詳しくはこちらの詳細ページをご覧ください。