クレジットカード現金化の根本的な仕組みを解説

MENU

クレジットカード現金化が融資ではない理由

クレジットカード現金化の仕組み

お金が必要な時に何らかの方法で資金調達をすることがあります。その方法の選択肢は、

  • 消費者金融からの融資
  • クレジットードのキャッシング
  • 友人からの借り入れ

などの方法が定番ですが、これは全て貸金業法における債務であり「借金」ということになります。

 

お金が必要なわけですから借金してお金を工面するというのがごく普通なのですが、「借金に抵抗がある」という方も少なからず存在します。借金というのは返済が遅れてしまうとブラックリストになってしまったり、催促の電話が鳴り続けるといったマイナスな印象があり好んで行うものではありません。では借金をせずにお金を工面する方法はないのでしょうか?

クレジットカード現金化という資金調達方法

借金をせずにお金を工面する方法として想像できるのが強盗か空き巣といった犯罪を思い浮かべる人が多くいると思いますが、現在では大半の方が利用することができる資金調達方法があるのです。

 

それがクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

 

クレジットカード現金化とは普通に収入がある方であればどなたでも持つことが可能なクレジットカードで買い物をし、お金を工面する方法の総称です。なぜクレジットカード現金化が借金ではないのかというと、ショッピング枠を利用した買い物というのは割賦販売法の範囲となり、貸金業法ではありません。つまりキャッシングのようにお金を借りるというわけではなく、買い物をした代金を後払いするというだけですので借金にはならないのです。

 

この貸金業法に該当しないという理由から2010年から始まった総量規制の対象外となったのです。

融資にはないメリット

消費者金融から融資を受けるためには身分証明書や収入証明を提示し審査を受けなければなりません。これは融資を受ける上での返済能力や過去の債務履歴から判断されます。しかしクレジットカード現金化は融資ではないので審査は不要というのが常識です。結果的には融資と同じようにお金を工面するためのサービスなのですが、「審査を受けたが通らなかった」というオチにはならないということです。

 

つまりクレジットカードを所持していて買い物ができれば誰にでも利用することができるという利用資格や審査といったモノはほとんどないサービスなのです。
クレジットカードのショッピング枠さえ利用することができれば、

  • 収入のない方
  • 無職の方
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生

といった審査が難しいかたでも利用することが可能です。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年09月04日

関連性のあるページ

クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利
クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利で資金調達できます
クレジットカードの種類でサービスの内容が異なる
クレジットカードの種類によって現金化サービスは内容が異なります
現金化業者によって銀行口座で異なる振込時間
クレジットカード現金化の当日振込可能な時間は利用する銀行口座にとって異なります。
現金化はインターネットで完結できる利便性が優れている
クレジットカード現金化サービスはどこかに足を運ぶことなくインターネットだけで完結できる利便性があります。
闇金融とされる理由
クレジットカード現金化は金融業とは異なるサービスなのですが世間からは闇金融のような印象があります
現金払い主義者
現金払い主義者はクレジットカードなどでの支払いをしたくない人のことを指しますが、クレジットカード現金化は現金払い主義者に最適なサービスです。
借金一本化
借金の返済はいくつもの会社だと面倒ですが、借金を一本化することにより便利になります。クレジットカード現金化を活用して借金を一本化できるのでしょうか?
決済手数料
クレジットカードのショッピング枠現金化するためにはカード決済にて商品を購入します。その際に決済するための手数料が必ずかかります。
自己破産の免責不許可事由
クレジットカードで買い物を換金した場合、自己破産の申し立てを行う時に免責が認められない不許可事由に該当します。