最終更新日時:2018年11月12日

クレジットカード現金化はインターネットだけでできる!

インターネットで完結できる利便性

 

人間という生き物は面倒なことを嫌います。
そのために様々なものが発達し面倒なことを省くようにしています。

 

オートマティックの自動車や携帯電話などもそのためにあると思いますが、その代表格がインターネットサービスではないでしょうか。

 

インターネットが普及していなかった時代と比較するとかなり便利になり多くのことをこなすことができます。

 

インターネットという仮想空間は現実とは異なる世界が広がっており、いろいろなサービスを利用できたりあらゆる商品を購入することができます
これまでDVDを見るにはレンタルショップに足を運び借りに行き、見終わったら返却しなければなりませんでした。

 

ときには見たいDVDが貸し出し中の場合もありせっかく足を運んだのに借りることができないこともあります。

 

しかしインターネットでは見たい映画を購入することができ、すぐに見ることができます

 

もちろん返却することもありませんので、面倒なことはないサービスといえます。

ネットサービスによるクレジットカード現金化

ネットサービスによるクレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化というサービスはインターネットが普及する以前からあるサービスです。
現在でもアナログな現金化サービスというのはありますが、大半の方はインターネットによるクレジットカード現金化を利用しています。

 

確かにインターネットでのクレジットカード現金化のほうが面倒なことはないのですが、なかにはインターネットを利用する環境がないという人もいます。

 

世の中がどんどん面倒なことを省くようになっていきますが、突然全てのサービスが新しいものに切り替わるのではなく、少しずつ利便性が理解されシェアを拡大していくのです。
つまりアナログなサービスは徐々に縮小していくことになるのです。

 

面倒な手続きなどがないインターネットによるクレジットカード現金化はどこにいても利用することが可能です。

  • 自宅
  • 職場
  • 移動中
  • 旅行先

など場所は関係なく利用することができるのです。
クレジットカード現金化の申し込みの手順を簡単にまとめさせていただきましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

クレジットカード現金化業者の申し込み手順

  1. 現金化業者の申し込みフォームから申し込みをする
  2. 折り返しの電話が掛かってくる
  3. 簡単な事前アンケートを行う
  4. 個人情報の登録を行う
  5. クレジットカードの登録を行う
  6. 現金化希望金額を伝える
  7. クレジットカードで商品を購入する
  8. 現金が振込まれる

 

以上が現金化業者を利用した時の申し込み方法となっています。
では、こちらを各段階に区分分けしていってどのような手順で手続きを行うのか見ていきましょう。

 

現金化業者の申し込みフォームから申し込みをする

 

現金化業者は基本的にサイト内で申し込みフォームを設けています。
電話での申し込みも可能ですが、申し込みフォームに入力する情報は結果的に必要になる情報です。

 

予め業者に教えておいた方がスムーズに手続きを終えることが出来るでしょう。

折り返しの電話が掛かってくる

 

サイトからの申し込みを終えると、業者から折り返しの電話がかかって来ます。
こちらの電話で先程の情報を照らし合わせて簡単な本人確認が行われます。

 

申し込みフォームを入力していなければ、業者によってはメールで個人情報を送ってくれと言われる事もあるのです。

簡単な事前アンケートを行う

 

アンケートという程でも無いかもれません。
しかし業者を利用する上で、以下の様なことを聞かれる場合が多くあります。

 

  • クレジットカード現金化を利用するのははじめてか?
  • 何を見て、もしくはどうやって当業者を知ったのか?
  • または選んだのか?
  • クレジットカードは持っているか?

などなど、質問の量と内容は業者によって違ってきます。

 

あくまでアンケートなので無理に答える必要性はないので気楽に受けるようにしましょう。

 

個人情報の登録を行う

 

次に行われるのは個人情報の登録です。
こちらは、国が発行した公的身分証が必要になります。

 

  • 免許証
  • タスポ
  • パスポート

 

顔写真があれば基本的に問題はありませんが、業者によっては身分証の組み合わせで本人確認がパスできる場合もあるので詳しくは利用する業者に確認してみましょう。

 

クレジットカードの登録を行う

 

商品を購入する際にはクレジットカードの情報はどうしても必要不可欠です。
利用者の方の中にはカード情報を提出することに不安を感じる方も多いでしょうが、ネットで買物などをする際に入力が必要になるかと思います。

 

クレジットカード現金化も商品を購入するので当然カードの情報が必要不可欠になります。
その為、カード情報を教えるのは当然の結果と言えるでしょう。

 

現金化希望金額を伝える

 

次に現金化の希望金額を伝えましょう
いくら必要なのかを業者に伝える事で購入する商品の金額を教えてくれます。

 

クレジットカードの利用残高が少なければ当然、現金化を行う事が出来なくなってしまうので充分に注意しましょう。

 

クレジットカードで商品を購入する

 

商品の購入に関しては基本的に業者が行うようになっています。
なので、利用者はクレジットカードの情報を業者に提出したらそれで手続きは完了というようになるのです。

 

現金化方法によっては利用者自ら購入しなければいけない、アマゾンギフト券の現金化方法がありますので業者によっては違うという事だけ頭に入れておいてください。

 

現金が振込まれる

 

現金は指定した銀行口座の中に入金されるようになっています。
入金後に確認と報告の電話が業者からかかって来るようになっています。

 

以上が申し込み方法の手順になります。

 

現在のクレジットカード現金化の特徴

現在のクレジットカード現金化の特徴

 

インターネットというのはこれまでパソコンの中の世界というイメージがありましたが、現在では携帯電話やテレビでもインターネットを利用できるようになり、パソコンが目の前になくてもスマートフォン一つで何でもできるようになりました。
つまりパソコンがなくても携帯電話さえあればクレジットカード現金化は利用することができるのです。

 

さらにネットバンクの銀行口座を利用すれば、インターネットでリアルタイムで反映されるサービスですのでより有効に活用できます。
どこにいても利用できるクレジットカード現金化サービスをいつでもできるようになる訳ですね。

 

更にこのネットバンクを活用することでもっと早く、更にいつでも入金を行う事が可能になりました。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。