クレジットカード現金化をコスパで比較する

MENU

日常的なコストパフォーマンスでの比較

クレジットカード現金化のコストパフォーマンス

アベノミクスの影響により上場企業の賃金は上がり景気は良い方向に向かっているそうですが、多くのサラリーマンのお財布事情はまだまだ冷え切ったままです。

 

消費税増税やさまざまな商品の価格が値上がりする中、一般企業の所得に大きな変化はなくアベノミクスが生活をより一層苦しめているような気もしないでもありません。

 

日本のサラリーマンの多くはお小遣い制度となっており働いた給料の中から数万円を自由に使うことができるお金として家庭から分け与えられるシステムとなっています。

 

このお小遣いの中からタバコ代や飲み代などを算出していくのですが、その中の幅を大きく占めるのが昼食代です。朝から晩まで一生懸命働いている企業戦士にとってお昼ごはんは欠かすことのできない貴重なエネルギー源となります。

 

重要なはずのお昼ご飯ですが長く続く不況から出費を削るためにお昼代に使用される金額は減少傾向にあります。

 

少しでも安く、少しでもおなか一杯になるお昼ご飯を常に追求しているのです。このコストパフォーマンスの王道となる300円アンダーで食べられる牛丼屋は消費税増税により軒並み300円を超えるようになってしまいました。

 

そうなりますと300円以内で食べることができるのはコンビニのカップラーメンか立ち食いそば屋のかけそばくらいしかありません。

 

このようにサラリーマンは日々、コストパフォーマンスと戦っているのです。


クレジットカード現金化のコストパフォーマンス

クレジットカード現金化のコストパフォーマンス

本来、コストパフォーマンスというのは価格に対する質の割合を示すもので低価格で高品質なものほど高いコストパフォーマンスとなります。

 

クレジットカード現金化のコストパフォーマンスといいますと、換金率とサービス内容になりますがどのように比較すればよいのでしょうか?

 

まずほとんど方が現金化サイトを選ぶ際にはホームページに表記されている換金率だけを見て申し込むサイトを決めています。

 

クレジットカード現金化の多くのサイトではホームページに表記している換金率に加え消費税や決済手数料が必要となるため実質的な換金率とは異なってきます。

 

つまりホームページからは実際の換金率は計ることができないということです。

 

一方、サービス内容という部分では対応しているネットバンクや営業時間などある程度の情報は把握することができます。クレジットカード現金化で高水準のサービス内容というのは親切丁寧な対応で多くのネットバンクと提携していて夜遅くでも対応してくれるサイトが優良店といえます。

 

さらに銀行の振込手数料を業者が負担してくれて決済手数料を明確に表示してくれるところがベストと言えます。

 

現金化サービスをコストパフォーマンスで比較するためには実際に申し込んで利用してみない限りわからりませんが、クレジットカード現金化ビギナーズガイドが検証した結果、もっとも高いコストパフォーマンスの現金化サイトはアキバギフトでした。

 

アキバギフトでは土日でも柔軟に対応してくれて換金率も優良店の基準となる8割以上で利用することができました。現段階ではアキバギフトがクレジットカード現金化でナンバーワンといえます。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年11月09日

関連性のあるページ

現金化を新規申込するときの注意点
クレジットカード現金化初心者にとってどのように申し込むサイト選び利用すればよいのかわからないことが多くあります。そんな初心者のための効果的なマル秘テクニックを公開しちゃいます。
損するサービスとされる理由
クレジットカード現金化は利用すると手にする現金よりも多くの支払いをしなければいけないため損するサービスとされていますが実際はどうなのでしょうか?