クレジットカードのショッピング枠が現金化されるまでの時間

 

「時は金なり」ということわざは昔からよく使われておりますが、現代においても時間というのはお金にも換えがたい貴重な存在です。

 

ギャンブルで損をしたお金はギャンブルで取り返すことは可能ですが、ギャンブルに費やした時間は取り戻すことは不可能です。
この限りある時間をどのように使うかがこれからの未来を左右するともいえるでしょう。

 

お金を工面するためには少なからず時間が必要となります。
キャッシングやカードローンの利用枠に余裕があれば時間は必要ありませんが、

  • キャッシング枠がいっぱいの方
  • 借金に抵抗がある方
  • クレジットカードを使ったことがない方

には、すぐに現金を用意することはできません。

 

現在ある金融サービスのなかで最も短時間で簡単にできる資金調達方法はクレジットカード現金化サービスとされています。
その理由をご説明させていただきましょう。

 

クレジットカード現金化までの時間

 

よくクレジットカード現金化のホームページでは「最短5分で振込」や「業界最速10分で即日現金化」といった言葉が並べられています。

 

本当に10分以内で振込されるのでしょうか?

 

残念ながら、現実問題最短10分での現金化にはなかなか厳しいものがあります。
このような表現方法というのは、換金率などで使用されるものと同じで最大値での表記となっています。

 

つまり、申し込みをしてから振り込まれるまでの時間が1時間かかったとしても最短5分というのは嘘ということにはなりません。

 

では、実際にクレジットカード現金化のホームページから申し込みを行い入金されるまでの所要時間を見ていきましょう。

  • 新規申し込みの場合30分から1時間程度
  • 2回目以降のリピーターの場合10分から20分程度

 

なぜここまで新規利用者とリピーターとでは入金までの時間に差があるのでしょうか?
それには本人確認に掛かる時間が大きく関係していたのです。

 

新規利用者とリピーターの入金時間

 

新規利用者であるだけで、なぜここまで入金時間が大幅に変わってくるのでしょうか?
現金化を行う際には必ず、本人確認をしなければいけなくなります。

 

この本人確認に10分から30分、時にはそれ以上の時間を費やす事があるのです。
なぜそこまで時間を費やす本人確認を行わなければいけないのでしょうか?

 

そこには法律に関係する物事が関係していました。
詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

 

【必須】クレジットカード現金化をするにあたっての本人確認の手続き

 

初めてクレジットカード現金化のホームページを見た方が5分くらいでお金が振り込まれるという思い込みをされることが多くあります。
しかしこの本人確認の都合上、新規申し込みの場合はどうしても時間がかかってしまうのです。

 

短時間で利用できる現金化サービス

 

消費者金融からお金を借りる場合には、収入証明または給料明細2か月分が必要となり職場在籍確認などの厳選な審査があります。

 

つまり時間をかけて申し込みをしても審査が通らない限りお金を工面することができないということです。
それと比較するとクレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば審査は一切必要ありませんので、現金化を利用できないということはありません。

 

現金化が利用できない方は

  1. カードが利用停止している
  2. カードのショッピング枠の残高が無い

のような理由しかありません。

 

つまり確実性と時間を考慮すれば最も短時間で資金調達できる方法は、クレジットカード現金化ということになるのです。

 

最短5分というわけにはいきませんが、30分程度で簡単にできる金策方法は他にはないでしょう。

 

これを機に現金化業者を利用してみるのもいいかもしれませんね。
まずはクレジットカード現金化というサービスがどのようなサービスなのか?という所から見てはいかがでしょうか?

 

今注目の現金化業者をご紹介!

おひさまクレジット

最終更新日時:2018年6月7日