違法性はあるのか?クレジットカード現金化のサービス

違法性はあるのか?クレジットカード現金化のサービス

 

クレジットカード現金化という言葉をお聞きになった事はありませんか?

 

このサービスはクレジットカードのショピング枠を現金に変えるサービスとなっています。
急な現金の入用で利用される方が多いサービスとなっているのですが、ここで気になるのは『このサービスは法律に違反していないのか?』という事が気になりませんか?

 

どんなに便利でも、その安全性が確保されていなければ利用したくはありませんよね。

 

そこで今回はクレジットカード現金化の違法性について調査していきたいと思います。

 

 

クレジットカード現金化の世間的な評判

クレジットカード現金化の世間的な評判

 

ネットで調べた方は知っているかもしれませんが、クレジットカード現金化は『法律的にグレーなサービス』というような評判が多く目立ちます。

 

これだけを見れば【違法性の高いサービス】というような印象を抱いくかもしれませんが、実はクレジットカード現金化に違法性はありません。

 

では一体なにが『法律的にグレーなサービス』と言われているのでしょうか?
その評価の意味について解説していきたいと思います。

 

クレジットカード現金化が『グレー』と言われている理由

クレジットカード現金化が『グレー』と言われている理由

 

クレジットカード現金化が『法律的にグレーである』と言われている理由をご説明させていただきます。

 

そもそもクレジットカード現金化サービスとは、「クレジットカード」の「ショッピング枠」を「現金」に変えるサービスのことをいいます。

 

基本的にはクレジットカードを作った際にはショッピング機能しか付いていません。

 

クレジットカードにはショッピング枠の他にも「キャッシング枠」というものが存在しています。
キャッシングを利用する際には申し込み申請をしたのち、カード会社の審査とクリアしなければ利用する事ができないサービスとなっています。

 

  • 【ショッピング枠】

    クレジットカードで買い物をする時に「カードで払える枠(金額)」のことをいいます。

  • 【キャッシング枠】

    現金として下ろせる枠(金額)の事です。

 

キャッシング枠は現金として手に入れる事はできますが、ショピング枠はに変える機能はありません。

 

現金としては手にする事ができないショッピング枠を現金に変えるサービスが「クレジットカード現金化サービス」なのです。

 

クレジットカード現金化と規約と法律

クレジットカード現金化と規約と法律

 

実はカード会社の規約で『ショッピング枠を意図的に現金化する事は禁止』されています。
なので、違法性はありませんが、カード会社の規約には違反しているということになる訳です。

 

規約で違反となっているのに、違法性がない訳がない。と思っている方も居るかと思いますのでご説明させていただきます。

 

そもそも、どこまでがクレジットカード現金化なのか?という事からご説明いたしましょう。
簡単に説明すると「クレジットカードで購入した物を現金に変えた」時点でクレジットカード現金化という行為になります。

 

例を上げるとこうなります。

欲しかった洋服をカードで購入したが、サイズを間違えてしまったので古着屋に売った。

これも立派な『クレジットカード現金化』という行為にあたります。

 

もしも『現金化』を違法にした場合、このような行為も『犯罪行為』となってしまいますが、それでは余りにも酷すぎるのは言うまでもありません。

 

以上の事から、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約には違反していると言われています。
つまり今現在クレジットカード現金化を裁く法律自体が存在していないんです。

 

その為『法律的にグレーなサービス』と言われているわけです。

 

規約には違反しているがお咎めはなし?

規約には違反しているがお咎めはなし?

 

規約には違反しているクレジットカードの現金化ですが、この規約も法律同様にどこまでが規約違反なのかという判別が難しい状況にあります。

 

『意図的な現金化』といいますが、これは『クレジットカードで購入したものを現金に変えてしまおう』という考えがあって成立します。

 

では先ほどの『欲しかった洋服をカードで購入したが、サイズを間違えてしまったので古着屋に売った。』という行為は意図的な現金化ではないのでしょうか?

 

そんな事はありませんよね。
明確な意思の下で、カードで買った洋服を現金に変えています。

 

もしも、古着屋の店員さんがいきなり家に入ってきて「この服は素晴らしい」と言いお金を置いて出て行ったのであれば、明確な意思は明確な意思は存在しない現金化になります。

 

つまり『売る』という行為を行った時点でそこには『現金に変える』という意思が存在していることになります。
これが規約違反に当たるとなれば、規約違反を犯している人は後を立ちません。

 

その為、カード会社の禁止している規約が適用される事はほとんどないのです。

 

逮捕されている業者は存在する

逮捕されている業者は存在する

 

しかし逮捕されている現金化業者は存在します。
逮捕されるという事は法律に違反した何かを行ったということになりますよね。

 

現金化業者が逮捕される多くの理由は以下のようになります。

  • 出資法違法
  • 貸金業法違法

この2つの理由です。

 

では、現金化利用者も逮捕されることはあるのでしょうか?

 

実は可能性としては0ではありません。
しかし、現金化利用者が逮捕される可能性を0にする事は簡単です。

 

それは『しっかりした現金化業者を利用する』これを心がければ現金化利用者が逮捕される事はまずありません。
逮捕される危険性について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。⇒【※クレジットカード現金化で逮捕※~利用するのは危険なのか?!~

 

しっかりした現金化業者とは?

しっかりした現金化業者とは?

 

違法性のない現金化業者と言っても、どの業者がそれなのかは分かりませんよね。

 

どのように「しっかりした業者」を調べるのかと言うと、実際に利用するか、利用した人の体験談を聞くしかありません。
しかし、そこでもしも違法性の高い現金化業者に当たってしまった場合はどうしようもありません。

 

そこで優良と言われている現金化業者のランキングをご紹介させていただきます。
このランキングに記載されている業者は全て現金化業界で優良と言われている業者となっています。

 

俗に言う『しっかりした業者』なので安心してご利用ください。

 

優良サイトのランキングはこちら

初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2018年3月19日