クレジットカード現金化業界に「終わり」はない

絶対になくならないサービス

日本のクレジットカードは今から50年以上前からあり、今後もなくなる可能性はありません。世の中にに定着したサービスはそれに代わる画期的なモノが登場するまでは利用され続けるのです。「クレジットカードの代わりになるもの」と考えますと誰もが「お金」という言葉に行き着くと思います。クレジットカードはそもそもお金の代用品として利用できる後払い方式のカードなのです。

 

お金のように使えるクレジットカードですが、クレジットカードの代わりに使えるモノなんて誰も想像すらできません。したがってクレジットカードはなくならない存在なのです。

クレジットカード現金化は不滅

50年前からはじまったクレジットカードの歴史ですがその裏ではクレジットカード現金化の歴史も生まれていました。クレジットカードは買い物をするためのモノであり、お金を支払う代わりに利用するものです。

 

お金がない人が金策の方法としてクレジットカードで買い物をし、その商品を換金するのが現在のクレジットカード現金化の起源となっています。クレジットカード現金化を自分で行う方は今でもこの方法を行うこともあるくらいです。しかし、クレジットカードの利用規約では換金目的の使用を禁じる項目がありそれは今も昔も変わることはありません。

 

2011年頃キャッシュバックによる現金化業者が摘発される報道が世に広まり、クレジットカード現金化は違法なビジネスとされましたが数年経過した現在ではそんな雰囲気も薄らいだように感じられます。

 

インターネット上では今でも数百社の現金化サイトが営業しており、総量規制の影響を受けて消費者金融からお金を借りることができなくなった専業主婦の方や無職の方ですぐに資金調達できる方法として人気が衰えることのない定着したサービスといえます。

 

最近ではニュースや報道で取り上げられることはありませんが、新しい金融サービスとして「クレジットカード現金化」のカテゴリーがあってもいいくらい当たり前となったサービスです。

現金化サービスがなくなる可能性

現在のようにクレジットカード現金化が定着する以前はさまざまな現金化サービスがなくなる可能性が推測されました。その一番の可能性が法律による規制です。これまでクレジットカード現金化は法律に基づき違法にはならない範囲で営業していますが、新らな法律が制定される場合、回避のための事前準備ができません。その結果、現金化業界が壊滅的ダメージを受ける可能性が考えられました。

 

そんな噂はいつの日かなくなり、クレジットカード現金化がなくなる可能性はありません。現金化の方法は新しいモノも出てくることはありますが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する根本的な考え方は絶対になくならないと断言できます。


 

 

初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2018年3月19日