クレジットカード現金化サイトでもアマゾンギフト券を換金できる

現金化業者によるアマゾンギフト券買取

クレジットカードのショッピング枠を現金化するためにはキャッシュバック特典付きの商品を購入するか換金性の高い新幹線の回数券を購入し現金化するといった方法がメジャーとなっていましたが、最近ではアマゾンギフト券の買取によるクレジットカード現金化という方法が急増している傾向があります。

 

そういった流れの中からクレジットカード現金化業務に加えアマゾンギフト券の買取サービスを始めるところも登場しはじめました。

 

このアマゾンギフト券の買取を行うクレジットカード現金化のホームページでは新サービスとしてのアマゾンギフト券買取とあるだけで詳細内容はほとんどありません。

 

実際に現金化業者によるアマゾンギフト券の買取を申し込んでみたところクレジットカード現金化とほとんど変わらない内容でギフト券を現金化するとのことでした。
もちろんホームページで記載されている高い換金率ではなくクレジットカード現金化と同様の70%程度でしか買取はできませんでした。

 

キャッシュバックによるクレジットカード現金化の場合、表記されている換金率に加え消費税や商品の配送代が加算されある程度の誤差が生じることは理解できますが、ギフト券買取の場合には消費税は必要なく送料も発生しないためキャッシュバックによる現金化方法よりも高い換金率になるはずなのですが、買取価格の変動などを理由に同じ水準での換金となりました。

 

結局のところこのような現金化業者の利益の基準が決まっており、キャッシュバックやアマゾンギフト券に関係なく高い割合で還元されることはないことがわかりました。


アマゾンギフト券買取とキャッシュバックによる現金化の比較

キャッシュバックとアマゾンギフト券買取の比較

ではクレジットカードのショッピング枠を現金化する際にはキャッシュバック付き商品を購入するのとアマゾンギフト券の買取を行うのとどちらの方が良いのかを比較しました。

クレジットカード現金化の安全性

まず安全性について比較してみたところアマゾンギフト券は一般的に金券類に属すためクレジットカード会社からは換金目的による不正使用あるいは他人のなりすましによる不正使用という疑いをかけられる可能性がある商品になります。

 

従ってアマゾンギフト券を一度に大量に購入する行為は高い確率でクレジットカード会社から連絡が来るはずです。

 

一方、キャッシュバック付き商品購入による現金化は特に怪しいショップでない限り不審に思われる可能性はありません。キャッシュバックによる現金化は基本的に安全性は高いとされていますがPayPal決済による現金化は注意が必要です。

 

世界中で利用されているPayPal決済ですがクレジットカードによる送金も可能ということからクレジットカード会社は警戒を強めてきている決済ラインともいえます。

 

つまりキャッシュバックによる現金化方法でも国内の決済ラインによる現金化方法が安全性では優れているといえるでしょう。

振込されるまでのスピード

申込手続きを行ってから振込までのスピードについて比較しますと、どちらも30分以内の手続きとなりますがキャッシュバック特典付き商品購入の現金化の方が若干早いでしょう。

 

アマゾンギフト券買取では受け取ったギフト券が実際に利用することができるものか判断してからの買取となりますので少々時間が必要となります。

 

反対にキャッシュバックによる現金化はクレジットカード決済が確認できた時点で振込は可能となりますのでわずかな差ですがキャッシュバックに軍配があがります。

実質的な換金率

スピードや安全性ではそこまで大きな差はありませんでしたが実質的な換金率では明暗を分けました。アマゾンギフト券買取では消費税や送料がないため例え買取相場の変動があったところで10%も動くことはありません。

 

アマゾンギフト券の買取率が90%で表記されていたとしても80%以上には確実になります。

 

キャッシュバックによる現金化方法ではいろいろな手数料を差し引かれ80%程度になりさらに消費税や送料、振込手数料が差し引かれ実質70%程度になるのが平均的です。

 

従ってアマゾンギフト券買取のほうが高い換金率でクレジットカード現金化できることになります。


今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日