クレジットカード現金化には不向きとされるカードの種類

現金化に厳しいクレジットカード

クレジットカードのショッピング枠を現金化できるサービスは買い物をするだけという根本的な仕組みにより日本で使用されている大半のクレジットカードを使用することが可能です。しかしクレジットカード発行会社は換金目的とされる現金化行為を認めてはおりません。

 

全てのクレジットカード会員規約で禁止されているクレジットカード現金化ですが、カード発行会社の対応は全てが同じではありません。確かに会員規約では認めていませんが、カード発行会社はクレジットカードが使用されることにより利益が生まれるビジネスです。つまりたとえ換金目的とされるクレジットカード現金化でもきちんと返済さえさればそれを阻止する理由はありません。

 

しかし、支払いが延滞するリスクもありますので野放しにはできないと考えるカード発行会社があるのは当然です。そうなりますとクレジットカード現金化を黙認するところもあれば厳しい措置をとるところもあることになります。

では、どんなカード発行会社が現金化に厳しいのでしょうか?

クレジットカード発行会社は本来の事業内容により系統が分類されるのですが、現金化に厳しいのは銀行系が発行するクレジットカードとされています。

銀行が発行するクレジットカード

銀行を母体とするカード発行会社は、

  • 三菱UFJニコス
  • 三井住友VISAカード
  • シティバンク

などが有名です。
こういった銀行系のクレジットカードは発行する際の審査も厳しいとされ、そのブランド力を保持しています。

 

当然、クレジットカード現金化サービスはクレジットカード業界の表面上では注意喚起している害虫的な存在ですので認めてはおりません。特に厳格な銀行系のクレジットカードで現金化の疑いがあった場合、利用停止どころか強制退会になるケースもあり要注意のクレジットカードなのです。

 

銀行系のクレジットカードで現金化をお考えの方は、新たに別のクレジットカードを発行していただくか、なるべく少額での決済をするようにしましょう。


 

 

今注目の現金化業者をご紹介!

おひさまクレジット

最終更新日時:2018年6月7日