顧客に扮し現金化を利用する詐欺師

現金化業者を騙す詐欺師

クレジットカード現金化は公的に認められるビジネスではないため業者もユーザーも堂々と胸を張って行うサービスではなく、どちらかというと後ろめたい商売と感じられています。しかし、だれかを欺くわけでなく誰も損をしない方法ということもあり資金調達の方法として多くのユーザーが利用しています。

 

クレジットカード現金化を利用するためにはどこのサイトやお店でも必ず本人確認の手続きを行う必要があります。

 

ユーザーにとって身分証明書を提示しなければならない本人確認は個人情報の漏洩の可能性もあり抵抗のある行為なのですが、必ず行う理由があるものです。

 

本人確認が必要な理由

 

金券ショップや質屋などで商品を買い取ってもらう際には、金額にもよりますが古物営業法に基づき公的な身分証明書により本人確認が義務付けられています。買取り業者が本人確認を怠った場合、古物営業法により罰せられるのです。

 

インターネットで営業する現金化サイトの大半はキャッシュバックによる現金化方法であり、古物を換金する業務とは異なる事業内容です。

 

つまりキャッシュバックによる方法には身分証明による本人確認は義務付けられておりませんが必要不可欠となっています。

 

キャッシュバックでは義務ではない本人確認をなぜ必要なのかといいますと、インターネットで完結するサービスとなるため、他人のクレジットカードと銀行口座があれば利用することが可能なサービスなのです。

 

そのため、以下の身分証は必ず確認します。

  • クレジットカード
  • 画像付き身分証明書
  • 利用者の画像

以上を確認することで、本人を特定しなりすましによる利用を防止しているのです。

 

ここまで徹底した不正防止をどこの現金化サイトでも行っているのですが詐欺師の巧妙な手口はそれをくぐり抜け業者を欺くのです。

 

業者を欺く詐欺師の手口

 

現金化業者が詐欺師により利用されてしまった場合には、クレジットカード名義本人やカード会社から不正使用として決済をキャンセルされることがほとんどです。これはカード会社と名義人が決めることでありショップに拒む権利はありません。

 

そうなりますとキャッシュバックとして送金した事実のみ残りますが、業者はそれを返金してもらうことは不可能です。

 

結果的にキャッシュバックによる現金だけ騙し取られたことになります。この詐欺行為を警察に届けるにしても送金する理由などなく、下手すると違法性ある行為として徹底的に捜査される可能性もあり泣き寝入りするしかないのです。

 

徹底した不正防止をしているにもかかわらずどのようにこの現象が起こるのでしょうか?

詐欺師はクレジットカード情報を提示せず身分証明と本人の画像のみで利用するのです。

この身分証明書などによる本人確認の手続きはほぼ完璧とされていますが、ユーザーによっては画像を送信することを拒否する方は少なくありません。
特にクレジットカード情報が漏えいしてしまった場合は不正使用される危険が非常に高い/span>からです。

 

そのためクレジットカード情報を求められますと申し込みをキャンセルする方もいるのです。

 

キャッシュバックによるクレジットカード現金化は基本的にネットショップで買い物をするだけの手続きとなります。現金化業者によってはカード情報の提示が不要なところや、買い物をしてもらえればカード情報のみ免除してくれるところもあります。そういう現金化サイトをターゲットにします。

  • 他人名義のクレジットカード
  • 盗難されたクレジットカード
  • 偽造されたクレジットカード

買い物を行い、そして無事決済が完了すればキャッシュバックとして振込されるのです。

 

この現金化業者の盲点としてオンラインショップでカード決済をする際の情報は把握できない点です。つまり買い物をできるカードであれば決済ができてしまうのです。

 

詐欺師の手口は常に巧妙であり対策をされればさらにそれを超える方法を編み出します。

 

特にクレジットカードやお金に関するサービスには業者や利用者に扮しさまざまな手法で現金を騙し取る商売なのです。


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2018年3月19日