クレジットカード現金化の王道だった新幹線の回数券

新幹線の回数券で現金化

今年の春から北陸新幹線が開通し、東京から石川県の金沢までこれまで4時間以上かかっていましたが2時間28分で行くことが可能となりました。今の世の中は少しづつですがいろいろなものが便利になっているように感じます。

 

東京から新幹線にのれば全国各地に行くことができますが、クレジットカード現金化はどこにいても利用することができるという特徴があり多くの方に利用されているサービスです。このクレジットカード現金化と新幹線には以前から深い関係があります。

 

新幹線に乗車するためにはみどりの窓口で乗車券と特急券を購入します。この新幹線のチケットには6枚綴りになっている回数券があります。この回数券の期限は6ヶ月あり、その期間内であれば誰でも使用することができるのです。新幹線の回数券というのは街中にあるチケットショップで販売されている商品でもあり頻繁に新幹線を利用する人にとっては格安で購入できるので役立っています。

 

チケットショップは新幹線の回数券を販売するだけなく買取も行っており、換金率は90%以上と非常に換金性の高い商品なのです。この新幹線の回数券の換金性の高さがこれまでのクレジットカード現金化の商品に勝り定番の商品となっています。

新幹線の回数券でクレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し換金するという現金化方法は定番の方法です。その中でも最も多く利用されているのが新幹線の回数券での現金化なのです。新幹線の回数券が現金化に最適な商品となる理由は、

  • 90%以上で取引される換金性
  • 販売価格が合わせやすい
  • 商品がチケットなので持ち運びが容易

という他の換金できる商品に比べ現金化に適しているのです。

 

現在でも店舗形式で営業しているクレジットカード現金化では、みどりの窓口で新幹線の回数券を購入し買い取るといった現金化方法を行っています。

新幹線の回数券を買取る現金化業者

JRのターミナル駅の近くで「カードでお金」や「ショッピング枠を換金」といった宣伝文句で営業しているお店があります。東京都内では新宿や池袋、新橋といった比較的人通りの多い駅を中心に店舗を構えています。このようなお店での現金化の流れはお店で申し込みをし、利用金額と購入する新幹線の回数券の金額を照らし合わせます。そして、駅構内にあるみどりの窓口に行きクレジットカード決済で購入し換金するという方法です。

 

こういったお店は金券ショップやリサイクルショップなどと同じように古物商の許可があり違法性はありません。しかし、利用者にとっては換金目的のクレジットカードの使用となるため会員規約違反になる可能性はあります。さらにこの新幹線の回数券を換金目的で購入すると言う行為は各都道府県が制定するダフ屋行為として条例違反に抵触する可能性があるのです。

 

このように王道であった新幹線の回数券での現金化も規制を受けるようになっており、「絶対に安全」というわけではなくなってきました。
長きに渡りクレジットカード現金化業界を引きいてきた定番の商品ですが、今後は衰退していく事でしょう。

 

そんな中、新幹線の回数券と同じぐらいの新しい現金化方法が誕生しました。

 

その現金化方法をまとめたサイトをご紹介させていただきます。

 

まとめサイトはこちらへ


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2018年3月19日