商品券によるクレジットカード現金化

商品券によるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化するために購入する商品は換金できるモノやキャッシュバックの特典が付くモノと様々です。現在のクレジットカード現金化業界で最も多く活用されているのが新幹線の回数券とされています。新幹線の回数券が選ばれている理由は取引される買い取り相場が90%以上と高いからです。

 

クレジットカード現金化の王道とされる新幹線の回数券ですが、それをさらに上回る換金性の高さを誇るのがJCBやVISAが発行している商品券なのです。金券ショップでのJCB商品券の買い取り相場は高いところですと98%で換金することができるのです。つまりクレジットカード現金化に最適の商品なのですが、商品券による現金化は現実的には困難なのです。

商品券によるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化で購入する商品は換金率が高いほどロスが少なくなり効率がよくなります。商品券によるクレジットカード現金化そういった意味では究極の方法なのですが、それが活用されない理由がありました。

 

商品券を発行しているVISAやJCBはクレジットカード会社であり、換金する目的でクレジットカードを使用することは会員規約で禁じています。クレジットカードで購入することができない訳ではありませんが、一度に大量購入や頻繁に購入することはできません。

 

従って、クレジットカード決済で商品券を購入することは難しく、商品券によるクレジットカード現金化は実現できないのです


カード決済で商品券が購入できる商品券.com

カード決済で商品券購入

これまでのクレジットカード現金化では「商品券は無理」が常識でした。
しかし、新しいタイプのサービスとしてクレジットカード決済が可能な金券ショップが登場したのです。

 

街中に店舗を構えている一般的な金券ショップではクレジットカードは使用できません。これは金券ショップという業務内容がクレジット加盟店の審査に通らないからなのです。

クレジットカード決済できる商品券.com

これまでの常識を超えたカード決済で商品券が購入可能な商品券.comでは愛知県の名古屋で営業している公安委員会の許可を得た正規の金券ショップです。現在では商品券.comを含め、3社ほどがカード決済可能な商品券の販売を行っています。

 

商品券の発行元で購入する場合には額面と同額で販売されていますが、一般的な金券ショップで販売されている商品券の価格は額面よりも若干安い金額で購入することができます。

 

しかし、クレジットカード決済で購入可能な商品券.comでは額面よりも高い価格で販売されています。ホームページにはJCB商品券1,000円分を1,070円と7%高い金額での販売となっているのです。ですが、この商品券を購入しようと購入のページに進みますとその明確な仕組みが記されていました。

 

JCB商品券1,000円分を50枚セットに金額ですが、正規で購入すれば5万円です。1枚1,070円ですと53,500円のはずなのですが、

  • 商品価格 57,000円
  • 税・サ8% 4,560円
  • 送料手数料 680円
  • 合計金額 62,240円

まず1枚1,070円の商品価格のはずが50枚で57,000円ですと1枚1,140円の計算になります。この1,070円は最安値の価格であり一律の価格ではないということなのです。
さらに法律上、商品券では加算されることのない消費税とおぼしき8%の手数料が必要となるのです。

 

この時点で5万円の商品券を購入するために62,240円が必要になります。この商品券を現金にて購入する人はいないはずなのですが、次の項目は支払い方法の選択があります。銀行振り込みもしくはカード決済となりますが、ここでも

  • VISA・MASTER・AMEX 6% 65,974円
  • JCB 13.8% 70,829円

のカード決済手数料を負担しなければならないのです。

 

結果的に5万円の商品券を購入するために30%以上の手数料が必要になってくるのです。この方法でクレジットカード現金化することは可能ですがリスクや換金率を考慮しますと非常に効率の悪い現金化方法です。まだこの方法はできて間もない発展途上ともいえますが、アマゾンギフト券買い取りのように急成長するサービスにはなるとは思えません。


今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日