身分証明書による本人確認の手続き

MENU

なりすまし防止のための身分証明書による本人確認

身分証明書による本人確認

クレジットカードのショッピング枠現金化というサービスは根本的な仕組みは融資ではありませんが、お金に関係するサービスということに違いはありません。お金がからむ投資や金融、ギャンブルといった業種には詐欺などの悪質業者が多いとされております。当然ながらそういった悪徳業者の目的は「お金を騙し取る」という共通の目的があります。

 

クレジットカード現金化サービスはユーザーの口座にお金を振り込むサービスです。現金化の利用者の中には業者を騙す詐欺も存在します。その手口はいくつかあり、

  • 他人になりすましクレジットカードを利用
  • クレジットカード現金化後に決済をキャンセル

という行為には警戒を強めています。

 

この防止策として行われるのが身分証明書による本人確認の手続きです。これはキャッシュバックや商品買取といった現金化の方法に関係なくどこのクレジットカード現金化サイトでも行っている必須項目なのです。

本人確認のための必要書類

本人確認のための必要書類となるものは、

  • 公的な身分証明書(写真付き)
  • クレジットカード
  • 本人の画像

となります。これらの名義と顔写真、銀行口座が全て一致して本人による利用ということが認められます。この必要書類の中に不審な点あった場合は利用を断られる場合もあり、慎重に本人確認の手続きは行われます。

 

よくある例えですが、旦那名義のクレジットカードを妻が現金化したいということがあります。こういったケースではクレジットカード名義の確認書類一式と本人の了承、それと代理人となる妻の身分証明書といったものが全て揃えば旦那名義のクレジットカードで現金化することも可能となります。これが「旦那には内緒で」となりますと請求書が届いた際に旦那に発覚しトラブルになりかねますので利用はできないでしょう。

本人確認の注意点

クレジットカード現金化するために本人確認の手続きは避けては通れない道なのですが、この本人確認には気をつけなければならない危険が潜んでいるのです。本人確認には、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • クレジットカード情報
  • 銀行口座

といったとても重要な個人情報が含まれます。これだけの個人情報を悪用された場合、クレジットカードの不正使用やネットバンキングの不正送金といった重大な犯罪の被害者となってしまう可能性が十分にあります。クレジットカード現金化業者のほとんどは個人情報の管理は厳重に取り扱っておりますが、なかには悪意のある業者もいないとはいいきれません。

 

こういった被害に遭わないためにも現金化サイト選びを慎重に行い、もし怪しいと感じたら申し込みをキャンセルするようにしましょう。

 

商品購入後に即日振込


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年06月14日

関連性のあるページ

【重要】現金化サイト選び
クレジットカード現金化をするまでの流れで一番のポイントであるクレジットカード現金化サイト選び
【簡単】現金化サイトへの申し込み
利用するクレジットカード現金化サイトが決まったら次は現金化サイトへの申し込み手続き
【迅速】商品購入後に即日振込
クレジットカード決済で現金化業者指定の商品を購入し即座に振込となります
【再度】2回目以降の現金化の手続き
2回目以降クレジットカード現金化の手続きは本人確認などの必要がないため非常に短時間で利用することができます