『クレジットカード現金化で逮捕の可能性はあるのか?』徹底調査

クレジットカード現金化で逮捕される可能性は?

 

クレジットカード現金化を調べたことがある、クレジットカード現金化を利用しようとしたことがある方は一度は思った事はないでしょうか?

 

クレジットカード現金化を利用して逮捕されないのか?

 

今から利用しようとしている方や、これから利用しようとしている方は不安かもしれませんね。
そこで、本当に大丈夫なのか?逮捕されないか?どうかを徹底調査させていただきました。

 

 

クレジットカード現金化業者の逮捕歴はある

現金化業者の逮捕歴はある

 

まずはじめに、過去にクレジットカード現金化業者が何人か逮捕されている実例は何件かあります。

 

その件数は1件や2件という優しい数ではありません。

  • では、どのぐらいの業者が過去に逮捕されているのでしょうか?
  • なぜこのクレジットカード現金化業者達は逮捕されたのでしょうか?

その理由と詳細を調べてみました。

 

法律と現金化業者の関係性

現金化業者と法律の関係性

 

まず現金化業者が逮捕される多くの理由は以下の法律が適用されることがあるからです。

  • 出資法違法
  • 貸金業法違法

この2点の要因で逮捕に至るケースがほとんどで、『自社買い』を行っている現金化業者も摘発されている事が多く存在します。
風俗営業方法第23条で『現金又は有価証券を賞品として提供すること、客に提供した賞品を買い取ること(「自社買い」)』つまりは、自分の店の商品を客に売ってそれを購入する事は禁じられているのです。

 

今までは、現金化業者が利用者を一方的に騙していた、という被害で現金化業者が逮捕される事例が多くありました。
しかし、昨今では「現金化業者と利用者が共謀して現金化目的の売買を行っている」という理由から現金化利用者も加害者側に回る可能性も0ではなくなっています。

 

現金化サービスのどの辺りが法律に違反しているのでしょうか?

 

商品郵送の重要性

商品郵送重要性

 

商品買取方式は別として、キャッシュバック方式は『商品を購入した特典』として現金が送られます。
この『商品の郵送』がとても重要となってきます。
キャッシュバック方式と商品買取方式について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
『クレジットカード現金化の仕組み』現金化ってどうやるの?

 

現金化業者は貸金業者ではありません。
現金を振り込んで貰う前に必ず『商品の売買』を行わなければいけないのです。

 

そこが現金化業者と貸金業者の違いとなっています。
この商品のやり取りがなくなると現金化業者は『貸金業者』の扱いとなり貸金業の権利を持っていない為逮捕されてしまいます。

 

普通自動車免許で大型トラックを運転していたら免許違反になってしまうのと同じ事ですね。

 

なので商品が送られないのを知っていたのに現金化を利用したとすると、最悪の場合、利用者も共犯として警察に逮捕される可能性は十分にありえる話なのです。

 

逮捕されない安全な現金化サービス

逮捕されない安全な現金化サービス

 

では、現金化サービスを利用したら逮捕されるのか?と言われればそうではありません。
しっかりとした現金化業者を利用すれば逮捕される心配もなく、安全な現金化サービスを受ける事が可能となっているんです。

 

全然利用した事のない現金化を本当に困っていた時に利用して、逮捕されては何とも言えませんよね?

 

優良現金化業者を利用する事で、その危険は十分に回避する事が出来きます。
優良と言われる現金化業者を調査し順位付けしたランキングがございます。

 

よろしければこちらを参考にして、現金化業者を決めて見てはいかがでしょうか?

 

現金化業者優良ランキング一覧

今注目の現金化業者をご紹介!

おひさまクレジット

最終更新日時:2018年6月7日