クレジットカード現金化が融資ではない理由とその仕組み

クレジットカード現金化が融資ではない理由

 

 

お金が必要な時に何らかの方法で資金調達をすることがあります。その方法の選択肢は、

  • 消費者金融からの融資
  • クレジットードのキャッシング
  • 友人からの借り入れ

などの方法が定番ですが、これは全て貸金業法における債務であり「借金」ということになります。

 

お金が必要なわけですから借金してお金を工面するというのがごく普通なのですが、「借金に抵抗がある」という方も少なからず存在します。

 

借金というのは返済が遅れてしまうとブラックリストになってしまったり、催促の電話が鳴り続けるといったマイナスな印象があり好んで行うものではありません。

 

では借金をせずにお金を工面する方法はないのでしょうか?

 

 

 

クレジットカード現金化という資金調達方法

クレジットカード現金化という資金調達方法

 

借金をせずにお金を工面する方法として想像できるのが『犯罪行為』を思い浮かべる人もいると思いますが、現在では大半の方が利用することができる資金調達方法があるのです。

 

それがクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

 

クレジットカード現金化とは普通に収入がある方であれば、どなたでも持つことが可能なクレジットカードで買い物をし、お金を工面する方法の総称です。

 

なぜクレジットカード現金化が借金ではないのかというと、ショッピング枠を利用した買い物というのは割賦販売法の範囲となり、貸金業法ではありません。
つまりキャッシングのようにお金を借りるというわけではなく、買い物をした代金を後払いするというだけですので借金にはならないのです。

 

この貸金業法に該当しないという理由から2010年から始まった総量規制の対象外となったのです。

 

融資にはないメリット

融資にはないメリット

 

消費者金融から融資を受けるためには身分証明書や収入証明を提示し審査を受けなければなりません。これは融資を受ける上での返済能力や過去の債務履歴から判断されます。

 

しかしクレジットカード現金化は融資ではないので審査は不要というのが常識です。
結果的には融資と同じようにお金を工面するためのサービスなのですが、「審査を受けたが通らなかった」というオチにはならないということです。

 

つまりクレジットカードを所持していて買い物ができれば誰にでも利用することができるという利用資格や審査といったモノはほとんどないサービスなのです。
その対象は、

  • 収入のない方
  • 無職の方
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生

といった審査が難しい方でも利用することが可能です。

 

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

 

クレジットカード現金化を利用する事ができる事は十分に分かりましたが、どのように現金化するのかがわからないのは少し不安になってしまいますよね?

 

では、ここでクレジットカード現金化の基本的な方法とその仕組みをお教え致します。
ベースとなる現金化方法は2種類あり、キャッシュバック方式商品買取方式の2つに分かれます。

 

どのように現金化をするのか見ていきましょう。

 

商品買取方式

商品買取方式

 

商品買取方式の仕組みについてご説明させていただきます。

  1. 現金化利用者が商品をクレジットカードで購入する
  2. 現金化業者に購入した商品を郵送する(2日~3日)
  3. 届いた商品を業者が売る
  4. 売った金額から手数料を引いた額が振込まれる

 

このように商品買取方式は、物理的な方法での現金化という物になります。

 

手順を見ていただければわかるように、この現金化方法は時間がかかる現金化方法です。
最近ではネット上での商品の受け渡しが可能になった事から、商品買取方式も幾分か入金までのスピードは早くはなってきています。

 

Amazonギフト券を利用した現金化方法はまさに、次世代の商品買取方式といってもいいでしょう。

 

この受け渡しする商品が「アマゾンギフト券」に変わったというだけなのです。

 

メリット
  • 基本的に身分証の提示だけで現金化ができる
デメリット
  • 時間がかかる
  • クレジットカードが利用停止になる危険性が高い
  • 利用者が行わ無ければならない手続きがあり面倒

 

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式

 

続いてキャッシュバック方式についてご説明させていただきます。

 

仕組みは以下の通りになります。

  1. 現金化業者の販売している商品を購入する
  2. クレジットカードで決済
  3. 手数料の引かれた現金が口座に振り込まれる
  4. 後日商品が発送される

 

以上のような手順がキャッシュバック方式の現金化となります。
キャッシュバック方式は商品買取方式とは違い、商品を購入したことで発生する特典として現金が振り込まれます。

 

例をあげるならば、オマケ付きのお菓子のようなものです。
あのお菓子の部分が現金化された現金で、お菓子の部分が送られてくる商品となっています。

 

お菓子を購入しなければ『オマケ』が貰えないように、商品を購入しなければ現金を手にすることが出来ないということです。

 

文字通りのキャッシュがバックするからキャッシュバック方式という訳ですね。

メリット
  • 入金までが早い
  • 業者が全て行ってくれる
デメリット
  • 商品を必ず受け取らなければならない
  • クレジットカードの情報を提出しなければならない

 

それぞれのメリットとデメリット

それぞれのメリットとデメリット

 

以上が現金化業者の現金化方法ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在しているのは確かです。

 

まず商品買取方式のメリットは身分証の提示だけで現金化を利用できる事です。
その代わり、『クレジットカードの停止になりやすい事』と『利用者自身が現金化を利用する為の手続き』を行わなければいけません。

 

クレジットカードが利用停止になったら、未払金の一括請求がかかる恐れがある事をご存知でしょうか?
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。⇒《【注意】クレジットカード現金化による利用停止の恐怖

 

 

その点、キャッシュバック方式はクレジットカードが利用停止になりにくい現金化方法なので安心して現金化を行うことができると言えるでしょう。
さらに入金までが早く業者によっては本当に3分で振り込んで貰う事も可能です。

 

 

しかし、キャッシュバック方式を採用している現金化業者は殆どの確立でクレジットカードの情報を言わなければいけません。
クレジットはカードの情報を教えるのは、ちょっと気が引けるという利用者は山ほど存在します。

 

少し考えてみてください。
大手のネットショッピングサイトでは、クレジットカードの情報を提出して商品を購入していますよね?

 

現金化業者も同じことなのです。
「現金化を利用してカードを悪用された」という口コミや記事などを見たことがあるかもしれません。

 

このような被害も優良の現金化業者を利用すれば、回避することは可能です。

 

現金化業界はとても狭い世界で詐欺・悪質という業者の噂はすぐに出回り利用者がいなくなってしまいます。
利用者が居なくなれば、当然経営をしていく事が出来ません。

 

現金化業者も目先の利益の為にカードの情報を悪用することはありません。
カードを悪用するよりも、利用者にサービスを尽くしてリピーターになって貰う方が業者としても利益につながる事なのです。

 

優良現金化業者が個人情報をあ悪用するよりも、ハッカーが大手ネットショッピングサイトに忍び込んで情報を抜きとられる可能性の方が高いかもしれませんね。

 

優良業者でクレジットカード現金化

優良業者でクレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化の仕組みはお分かりいただけたでしょうか?

 

このように分解して見ると、案外単純な仕組みだと思いませんか?
しかし、仕組みを理解できても頼む業者では最悪の結果になる可能性は十分に存在します。

 

現金化を利用する為の心得はたった1つです。

 

『優良現金化業者を利用する事』

 

これさえ怠らなければ被害にあうことはまずありません。
しかし、優良現金化業者の見分け方がわからない。という方がほとんどかと思います。

 

そこで、今回は優良業者を順位付けしたランキングをご用意させていただきました。
これから質のいい現金化をご利用になりたい方は是非ともランキングの業者をご利用ください。

 

優良業者ランキングはこちら

今注目の現金化業者をご紹介!

24キャッシュ

最終更新日時:2018年7月20日