現金化サービスはキャッシングよりも低金利

MENU

クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利

キャッシングよりも低金利

クレジットカードの基本的な機能は、

  • お金を借りるキャッシング
  • 買い物をするショッピング

という二つの利用枠があります。どちらの機能も利用した場合には必ず返済することになり、完済するまでの期間に対して金利が発生します。

キャッシングの金利

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りた場合の金利というのは消費者金融から融資をうけるのと同じく、2010年の法改正後の現在の利息制限法と出資法で定める上限金利に近いものとなります。

  • 10万円以下 20%
  • 10万円以上100万円未満 18%
  • 100万円以上 15%

キャッシングでの金利はどのカード会社でも差はなく利用者にとっては一定のものとなります。

ショッピングの金利

クレジットカード現金化サービスで利用するショッピング枠を利用した場合にかかる金利はキャッシングと比較すると低金利で利用することができます。こちらはカード会社や支払い回数により金利は異なり12%〜15%で利用することができます。

 

クレジットカードの利用枠というのはキャッシングよりもショッピング枠の方が大きく設定されており、キャッシングを利用していた方がクレジットカード現金化を利用し低金利なショッピング枠の利用に切り替えるといったケースもあります。


現金化サービスで借金の一本化

借金の一本化

複数の消費者金融から借金があったり、キャッシングをしている人は少なくありません。この複数の借金が1社にまとめることができれば手間を省くことができ、返済も1社のみで済みます。これを一般的には借金の一本化といいますが、そう簡単にできるものではありません。

 

借金癖のある人というのは限度額いっぱいまで借りてしまう人がほとんどで、返済する計画はなく使いきってしまいます。つまり借り換えをできるところがないということです。2010年に完全施行された総量規制の影響により年収の3分の1までしか借り入れができなくなりどうにもならなくなってしまった人は多くいると思われます。

 

そんな方でも年収に関係なく低金利で一本化できるのがクレジットカード現金化サービスなのです。現金化の仕組みは融資ではないことから、現金化で使用するショッピング枠は総量規制の影響を受けることはなく、資金調達することができます。しかも利用枠は大きく設定されているため借り換えや一本化に最適な方法となります。

 


初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年03月22日

関連性のあるページ

クレジットカード現金化の根本的な仕組みついて
クレジットカード現金化は融資やカードローンと異なりお金を借りるわけではありませんがどのような仕組みで資金調達できるのでしょうか。
クレジットカードの種類でサービスの内容が異なる
クレジットカードの種類によって現金化サービスは内容が異なります
現金化業者によって銀行口座で異なる振込時間
クレジットカード現金化の当日振込可能な時間は利用する銀行口座にとって異なります。
現金化はインターネットで完結できる利便性が優れている
クレジットカード現金化サービスはどこかに足を運ぶことなくインターネットだけで完結できる利便性があります。
闇金融とされる理由
クレジットカード現金化は金融業とは異なるサービスなのですが世間からは闇金融のような印象があります
現金払い主義者
現金払い主義者はクレジットカードなどでの支払いをしたくない人のことを指しますが、クレジットカード現金化は現金払い主義者に最適なサービスです。
借金一本化
借金の返済はいくつもの会社だと面倒ですが、借金を一本化することにより便利になります。クレジットカード現金化を活用して借金を一本化できるのでしょうか?
決済手数料
クレジットカードのショッピング枠現金化するためにはカード決済にて商品を購入します。その際に決済するための手数料が必ずかかります。
自己破産の免責不許可事由
クレジットカードで買い物を換金した場合、自己破産の申し立てを行う時に免責が認められない不許可事由に該当します。