クレジットカードの種類で異なる現金化サービスの内容

MENU

クレジットカードの種類によって内容が異なる現金化サービス

クレジットカードの種類

お店で商品をを買うときには商品代金としてお金を支払います。そこのお店でも必ず現金で支払うことは可能です。現金以外の支払い方法はクレジットカードや電子マネーとういう方法もあり、提携しているお店では利用することができます。クレジットカードを利用できるお店でも全てのクレジットカードに対応しているところもあれば、一部のクレジットカードには対応していないお店もあります。

 

クレジットカードというのは大きく分けて

  1. VISA
  2. Master
  3. JCB
  4. AMEX
  5. Diners

という五つの国際ブランドがあり、いずれかのロゴマークが表示されています。
クレジットカードが利用できるお店はこのロゴマークが表示されているお店で利用することができるということです。

現金化サービスにおけるクレジットカードの種類

クレジットカード現金化のホームページにはよく全てのクレジットカードに対応しているような記載がありますが、実際にはそうでもないこともあります。クレジットカード現金化が使用している決済ラインというのは国内のものではなく、海外の決済ラインが多いのでがこの場合、全てのクレジットカードを使用することはできません。VISA、Masterは可能ですが、それ以外は一部使用できたり全く使用できないこともあります。

 

つまりクレジットカード現金化ではVISAとMaster以外のクレジットカードはできないことが多いのです。ではJCBやAMEXではクレジットカード現金化することはできないのでしょうか。

JCBやAMEXでの現金化

これまで多くの現金化サイトでは海外の決済ラインを使用していました。しかしユーザーの中には「JCBやAMEXでも現金化したい」という声が絶えません。そんなユーザーの声に答えるべく大手の現金化サイトでは全てのクレジットカードに対応できる国内の決済ラインを使用するようになりました。

 

これまでクレジットカード現金化の常識として「AMEXは現金化できない」とされていましたが、この常識を打ち破ることに成功したのです。この全てのクレジットカードが使用できるということにより他の現金化サイトより優れた点となりました。

 

しかし一つだけVISA・Masterと比較すると決済手数料が高いという点があるのです。つまりJCBやAMEXでクレジットカード現金化する場合にはVISA・Masterに比べると実質的な換金率が割高になってしまうということです。

 

よくクレジットカード現金化サービスを利用する際に「クレジットカードの種類は何ですか?」と問われることがあると思います。これはクレジットカードの種類によって提供するサービスの内容が異なってくるのであらかじめクレジットカードの種類を聞くという現金化業界の常識があるのです。


 

 

初心者は必見!一律90%保証の換金率だからドコよりも安心!

アキバギフトイメージ画像

最終更新日時:2017年03月22日

関連性のあるページ

クレジットカード現金化の根本的な仕組みついて
クレジットカード現金化は融資やカードローンと異なりお金を借りるわけではありませんがどのような仕組みで資金調達できるのでしょうか。
クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利
クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利で資金調達できます
現金化業者によって銀行口座で異なる振込時間
クレジットカード現金化の当日振込可能な時間は利用する銀行口座にとって異なります。
現金化はインターネットで完結できる利便性が優れている
クレジットカード現金化サービスはどこかに足を運ぶことなくインターネットだけで完結できる利便性があります。
闇金融とされる理由
クレジットカード現金化は金融業とは異なるサービスなのですが世間からは闇金融のような印象があります
現金払い主義者
現金払い主義者はクレジットカードなどでの支払いをしたくない人のことを指しますが、クレジットカード現金化は現金払い主義者に最適なサービスです。
借金一本化
借金の返済はいくつもの会社だと面倒ですが、借金を一本化することにより便利になります。クレジットカード現金化を活用して借金を一本化できるのでしょうか?
決済手数料
クレジットカードのショッピング枠現金化するためにはカード決済にて商品を購入します。その際に決済するための手数料が必ずかかります。
自己破産の免責不許可事由
クレジットカードで買い物を換金した場合、自己破産の申し立てを行う時に免責が認められない不許可事由に該当します。